2015年1月29日 (木)

あの映画の舞台だったのね!悪名高い悪魔の島(仏領ギアナ)

こんにちは。明日は東京も雪が降る予報だそうで寒い毎日が続く日本ですが、私はつい先日、暑いガイアナ三国のツアーより帰国しました。

ガイアナ三国ってどこにあるの?と思われる方も多いはず。ガイアナとスリナム、そしてフランス領のギアナで構成され、南米大陸の北に位置します。

ガイアナは英国、スリナムはオランダ、そして仏領ギアナは勿論フランスの影響を受け、それぞれ話されている公用語や、街の雰囲気も異なります。

本日はそんな仏領ギアナで訪れた、「監獄島」のお話です。

Dsc_0746

皆様は映画、「パピヨン」はご存じですか?

胸に蝶の刺青があることから“パピヨン”(フランス語で蝶の意味)と呼ばれる男、アンリ・シャリエール。スティーブ・マックイーン演じるパピヨンは1931年、無実の罪で投獄され、仏領ギアナの監獄島に送られてしまいます。非人間的な扱いを受け続ける地獄のような環境で、贋金作りのドガ(ダスティン・ホフマン)と親友となり、パピヨンは数度に渡る脱獄を試みる、というストーリーです。
アンリ・シャリエールの自伝小説を映画化したこの「パピヨン」の舞台がまさに仏領ギアナの監獄島。世界の中でも悪名高い刑務所として知られ、最も大きなロワイヤル島、サン・ジョセフ島、そして悪魔の島の3つを合わせてサリュー諸島と呼ばれています。
仏領ギアナには、17世紀~新たな土地を求めてフランスから入植者が入り、本格的な定住が始まりました。そして19世紀から20世紀半ばまでに囚人がこの地に送られ、特に沖合にある流刑島の悪魔の島は、一度この地に送られると二度と祖国に戻ることはできないと恐れられていました。
この監獄島に行くには、宇宙センターで有名なクール―の街からカタマラン(双胴船)で約1時間の道のりです。島に足を踏み入れると、今も尚、当時の牢獄、監視員たちが使っていた教会や病院、彼らの家や墓、そしてギロチン台の跡等も残ります。
牢獄ではハンモックを吊るして眠ったり、元監視員たちの家で宿泊体験も可。夜になるとどこからともなく、うめき声が聞こえてくる…とは案内してくれたガイドさんの話。ちょっと宿泊は遠慮したいところです。
上陸可能なのは最も大きなロワイヤル島とサン・ジョセフ島。悪魔の島は現在桟橋がないため上陸することはできませんが、元監視員たちのメインホールを利用したレストランより、その全景を望むことができます。悪魔の島の中にポツンと建つ小屋は、フランスの陸軍軍人で、スパイの容疑でこの悪魔の島へと流されたドレフュス大尉が住んでいた小屋だとか。政治犯は主にこの悪魔の島へと連れてこられたのです。
ココヤシの木が揺れる海を見ていると、監獄島だったとは思えないような長閑な雰囲気。そこからは想像できないような、恐ろしい歴史がこの島にはあるのでした。(川井)

|

北中南米ツアー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。