2015年5月14日 (木)

新発表!シロクマに出逢う旅(カナダ)

Polarbear0611027jpg_2

みなさん、こんにちは。昨日に続き、本日も東京は暑いですね。30℃以上になるという予報も…。5月でこんなに暑かったら夏はどうなるのか…と今から灼熱の夏が心配です。そんな暑い中ですが、本日は少し涼しくなるニュースを。
今年の11月15日限定出発でカナダのシロクマを見に行くツアーを企画いたしました!
6日間というコンパクトな日程で、シロクマ観察チャンスは2回、遭遇できる可能性も大!という季節限定のツアーです。
チャーチルは、カナダのマニトバ州にある別名「シロクマの首都」と呼ばれる街。1年のうち、シロクマが集結する世界で唯一の場所がこのチャーチルなのです。
どうしてチャーチルに沢山のシロクマが集まってくるのか??それはチャーチルの地理的な位置に関わりがあります。
チャーチルはハドソン湾というカナダ北東部に位置する湾の南端にある街。巨大なハドソン湾は冬になると結氷し、北極への道が陸路となり開かれます。夏をチャーチル周辺で過ごしていたシロクマはハドソン湾が結氷すると、それを待っていたかのように一目散に北極へと向かい、大好物のアザラシ猟へと出かけるのです。
チャーチルはハドソン湾で一番早く結氷する場所で、結氷するのが毎年10月下旬から11月中旬の為、この時期におびただしい数のシロクマが集まってくるのです。
昨今、地球温暖化の影響を受け、結氷の時期は年々遅くなってきています。シロクマにとっては、結氷の時期が遅くなると、狩猟できる時期が短くなってしまい、このことは自分たちの命にも関わる重大な問題です。実際のシロクマに出逢うことは、そんな環境問題にも関心を持つきっかけになるのではないでしょうか。(川井)

|

ユーラシア旅行社社員のつぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。