2015年8月12日 (水)

“●●のウユニ塩湖”に行ってきました!

ボリビアのウユニ塩湖。その知名度はもはや言わずもがな。
あの美しい鏡張りのような湖面が魅せる光景は、 全世界を飛び回っている弊社社員の中でもダントツ人気。 皆様にも是非訪れて頂きたい場所です。
ウユニ塩湖の特集はこちらから。
P7180355

さて、このウユニ塩湖は南米ボリビアに位置していますが、 実は、日本から僅か4時間の台湾にも、同様の光景が見られる場所があるんです。

台湾中部に位置する台湾第3の都市、台中から僅か1時間ばかりにある高美湿地。ここが、今回ご紹介する“台湾のウユニ塩湖”。
高美湿地は天然資源に富んでおり、渡り鳥の繁殖地とも知られ、バードウォッチングも盛んに行われています。桟橋が沖へと続いており、その先から湿地へと降り立つことが出来ます。時間帯や時期にもよりますが、水位は大体くるぶしあたりまでで、ビーチサンダルや長靴があれば、ズイズイ進んでいくことが出来ます。

P7180588

降り立ってからは常にカメラを手放すことが出来ません、いつでもどこでも絵になる風景。 写真に夢中になっているうちに、いつの間にか夕暮れ時。空が染まり、反射して水面も染まる光景は、まさにウユニ塩湖。厳密に言えば、湖ではないのですが...。それは置いておいても、絶景と呼ぶに相応しい夕暮れ風景でした。

個人で行くと、ここからバスと電車を乗り継いで台中に戻るのですが、ツアーバスがあれば、車内でゆったりと余韻に浸ることもできます。

ユーラシア旅行社は、おかげさまで2016年2月で創業30周年を迎えます。日頃の感謝を込めて、謝恩特別企画を様々計画させて頂いておりますが、この“台湾のウユニ塩湖”を訪れるツアーも発表させて頂きました!
“台湾のウユニ塩湖”高美湿地とノスタルジック台中 4日間」(KTSP)

30周年謝恩特別企画の特集はこちらから。

P7170006

宣伝も入ってしまいましたが、この“台湾のウユニ塩湖”は、東京から台中経由で僅か5時間で行くことができる新しい絶景ポイントです。皆さんも気軽な気持ちでお出掛けしてみてください。(吉村)

|

ユーラシア旅行社社員のつぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。