2016年3月11日 (金)

オープニングはリッカルド・ムーティ!東京・春・音楽祭が始まります。

Top_slide_main_2016_en2_2

 
 寒暖を繰り返しながら徐々に春に近づいてくる今日この頃、桜の開花が待ち遠しいですね。
 本日は、桜咲く上野を舞台に東京の春の訪れを音楽で祝う、国内最大級のクラシック音楽の祭典「東京・春・音楽祭-東京のオペラの森-」をご紹介します。

  「東京・春・音楽祭-東京のオペラの森-」は、3月16日~4月17日まで、文化の集積地・上野公園の各施設(東京文化会館、各美術館・博物館等)を拠点に、オペラやオーケストラ、名手たちによる室内楽をはじめとする演奏会から、街中で通りがかりに楽しめる音楽との出会いの場まで、130を超える演奏会がを開催され、様々な音色で東京の春の訪れを彩ります。
 
 開催12回目を迎える2016年は、日伊国交樹立150 周年に当たることから、記念公演として現代を代表する世界的なイタリア人指揮者であり音楽祭とも縁の深いリッカルド・ムーティが来日します。ムーティがイタリアで情熱を注いで育成する「ケルビーニ管弦楽団」の精鋭メンバーと、日本の若手トップ奏者たちが特別オーケストラを編成し、3月16日、17日の音楽祭オープニングを飾ります。ヴェルディやボイトの傑作オペラから有名な序曲などムーティ指揮を東京で楽しめるチャンスです。

Top_slide_muti_20161

 
そして、東京都美術館「ボッティチェリ展」や、国立西洋美術館「カラヴァッジョ展」と連動した記念コンサートも開催されますので、演奏会のあとに美術鑑賞はいかがでしょうか。今大人気のNHK大河「真田丸」オープニングテーマのソリスト、三浦文彰氏も登場です。
 
 また、2014年から4年間かけて行われる「ワーグナーシリーズ」では、今年バイロイト音楽祭の指揮が決まったマレク・ヤノフスキのもと、NHK交響楽団にて『ニーベルングの指環』第2日≪ジークフリート≫が演奏されます。全曲演奏には15時間かかるという『ニーベルングの指環』ですが、≪ジークフリート≫だけでも4時間半の大作です。4月7日と4月10日ですので、こちらも要チェックですね。  
 今年はシェイクスピアが没後400年ということで、シェイクスピアの戯曲やソネットからインスピレーションを受けた作曲家たちの演奏会も行われるとのこと。
 様々なテーマをもって1か月間行われる「東京・春・音楽祭」は、3月16日からいよいよ始まります。(河合)

東京・春・音楽祭公式HP
ユーラシアの旅で行くヨーロッパの音楽祭ツアー特集

|

ヨーロッパツアー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。