2016年3月 1日 (火)

ヨーロッパで本場の音楽に触れる夏~音楽祭特集公開しました

緯度が高いヨーロッパの夏は日が長く、爽やかな夕ベは絶好の散策の時
屋内に引きこもらず、オープンテラスでカフェやワインを楽しんだり
川辺や湖畔をぶらぶらするのが何よりの贅沢と言えるでしょう。

そんな彼らの夏に欠かせないのが、
夏季のオペラ座の閉館の間に、世界各国で講演する
世界的な交響楽団や指揮者たちの演奏を楽しめる音楽祭です。

ヴェローナ音楽祭にて

夏はヨーロッパ各地で音楽祭が催されますが、なかでも日本でも有名なものが
イタリアのヴェローナの古代ローマ円形劇場を舞台にしたヴェローナ音楽祭と
オーストリアのザルツブルク音楽祭です。
2016年はヴェローナではアイーダが演じられ
ザルツブルクでは人気のリッカルド・ムーティーが指揮する日は要チェックです。

また、近年では湖の上に舞台をつくり、
ダイナミックな仕掛けと奇抜な演出を行う
湖上音楽祭やオペレッタにも注目が集まっています。

日伊国交樹立150周年の今年は、イタリアのラヴェンナでの交流演目もあります。
どの音楽祭にいこうか迷ってしまいますが
ユーラシア旅行社の音楽祭ツアーでは、ホテルの立地にもこだわり
効率よくコンサートやオペラをお楽しみいただけるような日程でご案内します。
(山岸)

ユーラシア旅行社でいく夏のヨーロッパの音楽祭の見所とご案内コースはこちらから

|

ヨーロッパツアー」カテゴリの記事

ユーラシア旅行社社員が芸術・文化を語る」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。