« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »

2016年7月

2016年7月27日 (水)

現在上野で開催中の「古代ギリシャ展」に行ってきました

上野の東京国立博物館・平成館で開催されている特別展「古代ギリシャ―時空を超えた旅―」に行ってきました。
5月にギリシャを訪問した際に、現地のガイドさんも日本でギリシャ展が開かれることを話題にしていたので、日本で改めてギリシャの秘宝の数々を見るのを楽しみにしていました。まず、今回の一番の目玉と言えるのが、サントリーニ島、ティラの「漁夫のフレスコ画」です。

漁夫のフレスコ画

漁夫のフレスコ画 前17世紀 テラ先史博物館蔵 ©The Hellenic Ministry of Culture and
Sports- Archaeological Receipts Fund

面白いのは、この絵は当時のお金持ちや王族、貴族の残したものではなく、一般庶民の家に描かれていた絵であるということ。
紀元前17世紀の頃に暮らしていた庶民がどんな姿をして、何をしていたのかがわかる手がかりなんです。紀元前17世紀なんて…想像もつきませんよね。王様の言葉やお墓は守られていることが多いので、見つかることは多いですが、庶民の家の壁の絵なんてなかなか残っていないものです。現地に行くと、この絵が発見された集落の遺跡を歩くこともできます。ここにどの絵があったんだよ~とガイドさんが教えてくれるのです。
あまり知られていませんが、ミケーネ文明や、サントリーニ島周辺で芽生えた文明が生み出したフレスコ画には素晴らしいものが多いのです。例えばこの「漁夫のフレスコ画」もそうですが、エーゲ海の島々に生きた人々、例えば花を積む少女であったりが描かれています。今の感覚で見ても美しいなと思えるクオリティでした。
このフレスコ画以外にも、魅力的な展示物がたくさんありました。

牛頭型リュトン

牛頭型リュトン 後期ミノスⅠB(1450年頃) イラクリオン考古学博物館蔵 ©The Hellenic Ministry of Culture and
Sports- Archaeological Receipts Fund

クレタ島、イラクリオン考古学博物館からは牛頭のリュトン。リュトンは、神聖な儀式に使われる酒杯のこと。この牛頭のリュトンは頭頂に二つの穴が開いていて、ここから酒を注入し、鼻の先端からお酒が出てくるという仕組みになっています。頭が巻き毛でおおわれていることから、モデルの牛は、まだ仔牛だったことがわかります。なんとも不思議なものですね。

イラクリオン考古学博物館ではこのリュトン、他たくさんの展示物が公開されていますが、「漁夫のフレスコ画」のような、クレタ文明や、ミノア文明のすばらしいフレスコ画を見ることもできます。

アルテミス像

アルテミス像 100年頃 アテネ国立考古学博物館蔵
©The Hellenic Ministry of Culture and Sports- Archaeological Receipts Fund

赤像式パナテナイア小型アンフォラ

赤像式パナテナイア小型アンフォラ ボクシング 500年頃 アテネ国立考古学博物館蔵
©The Hellenic Ministry of Culture and Sports- Archaeological Receipts Fund

アテネ国立考古学博物館からはアルテミス像が来ていました。石とは思えないほど優しい布感。古代ギリシャの服装の、このドレープの美しさ。これが2000年以上前につくられたなんて信じられない程ですね。
今回のギリシャ展は、ギリシャ国内40か所以上から集められた珠玉の作品325件が、日本に居ながらにしてみられるまたとないチャンスです。あまり古代ギリシャに詳しくなくても、ただよ~く見ていると可愛いなと思えたり、こんな時代にこんなものが!という素直な驚きを感じられる展示だと思います。
古代ギリシャに興味を持つきっかけにもなります。是非、足を運んでみてください!
■特別展『古代ギリシャ -時空を超えた旅-』
2016年6月21日(火)~9月19日(月・祝)
開館時間:午前9時30分~午後5時
※土日・祝日は午後6時まで。金曜日および7、8月の水曜日は午後8時まで。入館は閉館の30分前まで
休館日:月曜日
※ただし8月15日(月)、9月19日(月・祝)は開館。
会場: 東京国立博物館 平成館(上野公園)

| | コメント (0)

2016年7月21日 (木)

2016年新世界遺産決定!

去る7月10日から20日にかけて、トルコのイスタンブールにて開催された世界遺産委員会。
一次中断もありましたが、無事に閉会し、今年は12の文化遺産、6件の自然遺産と、3件の複合遺産が新たに世界遺産に登録を受けました。

チャンディーガル(インド)

中でも、東京上野の西洋美術館を含む
ル・コルビュジエの建築作品群の登録には、関連7か国が湧きました。
過去2度のチャレンジを経て、ついに登録です。
初期の作品から晩年の傑作まで17の物件が登録されましが、
上野の国立西洋美術館やインドチャンディーガルの計画都市、
フランスのロンシャン礼拝堂などユーラシア旅行社のツアーで訪れるところも多数!
これからますます注目を集めそうです。
世界遺産委員会では、新規登録物件の検討の他、既に世界遺産になっている遺跡等の検証も行われます。
今年はリビアやマリの世界遺産が危機遺産に指定されました。
一方、ジョージア(グルジア)のムツヘタは、2009年に危機遺産に指定されていましたが、
保全の努力などが認められ、危機遺産を脱しました。

ムツヘタ・スヴェティッツホヴェリ教会 (ジョージア)

町の人たちの努力が報われたようで、毎年お客様をお送りしてる私たちもなんだかうれしくなります。

| | コメント (0)

2016年7月12日 (火)

新おがさわら丸体験乗船 報告レポート

P6281420
先週、少しニュース等でも取り上げられていましたが、7月4日に新おがさわら丸が就航しました。

おがさわら丸って?という方もおられると思いますが、おがさわら丸は未だ航空路がない小笠原諸島・父島にとって唯一の交通手段です。
2016年6月26日の父島離岸をもって、19年間の役目を終えた二代目おがさわら丸に代わって、観光客は勿論のこと、地元の人々の夢や希望を乗せて、三代目おがさわら丸が就航致しました。
本日は、そんな新造船の就航前に行われた体験乗船について報告したいと思います。
まず、小笠原諸島はご存じの方もおられると思いますが、世界遺産に登録されています。では、その小笠原へ行くにはどのくらい時間がかかるかご存知でしょうか。なんと東京から南へ1,000km、船で24時間!二代目おがさわら丸ですと、さらに時間がかかっていたのですが、新造船では24時間。長い長い船旅です。
_
新造船の特徴は、なんといってもプライベート空間がより充実したことです。従来は二等和室(仕切りがない大部屋)が中心だったのですが、新造船では二等寝台(カーテン付きの半個室タイプ)が大幅に増えました。ユーラシアの旅でも、その二等寝台を利用します!その為、他の乗客の目を気にすることなく、気ままに船内で過ごすことが出来るようになりました。
1
また、新たに設置された展望デッキをはじめ、自由に過ごせる船内スペースも多く設置され、他の方々との会話を楽しんだり、どこまでも続く太平洋を眺めたり、と船内での過ごし方も大幅に広がりました。
7
また、レストランも勿論ピカピカ!窓側に座れば、太平洋を眺めながら食事を楽しむことが出来ます。

新造船を造るにあたり、島民の方々の要望も数多く盛り込まれたようです。更には、長い船旅そのものを少しでも楽しめるようにという願いも込められています。

P6281364

長い長い船旅ですが、その船旅の先には、小笠原でしか体験できない大自然や感動が待ち受けています。“ボニンブルー”と称される濃い青い海、固有種との出逢いなどなど。小笠原はきっと皆様の期待を裏切りません!是非、一度といわず何度でも新造船おがさわら丸に乗って、世界遺産・小笠原を訪れてみて下さい。(吉村)

<新造船おがさわら利用ツアー>
父島・母島2島充実滞在、小笠原の海・陸・大自然 10日間

| | コメント (0)

2016年7月 8日 (金)

2016~2017 年末年始限定コースを新発表!世界一の高さを誇るブルジュハリファのカウントダウン花火で年越しはいかがですか?(他、中近東・北アフリカ・インドなど)

12_2

間もなく夏休みシーズン…ということでご旅行を楽しみにされている方は多いかと存じますが、ご計画の早い方々からは、既に年末年始のお問合せも頂き始めています!ユーラシア旅行社でも、一足早く、年末年始限定コースを発表させて頂きました。

毎年恒例でご好評を頂いているのが、ドバイ・ブルジュハリファから繰り出されるカウントダウン花火ツアー。世界一の高さ(828m)を誇るビル全体が鮮やかな花火に彩られる様子は圧巻!側面から次々に飛び出す仕掛け花火は、打ち上げ花火とはまた違った魅力があり、さながらエンターティナ―ショーです。新年のお祝いとして、ここでしか体験することのできない華やかな夜を過ごしてみてはいかがでしょうか?

また、せっかくドバイに行くなら他の国にも足を延ばしたい…という方には、一度は行きたいヨルダン・ペトラ遺跡や、自由散策も楽しいスペイン・バルセロナと組み合わせたコースもあります。さらに、変わり種はペルシャ湾に浮かぶ渡り鳥の楽園・ゲシュム島との組み合わせ!近年日本でも話題となりつつありますが、まだまだ手付かずのマングローブ林や塩の洞窟など、多様な自然をお楽しみ頂けます。
ドバイ・カウントダウン花火関連ツアーはこちら

その他、“聖地でクリスマス体験”エルサレムの教会にてクリスマス・ミサを見学するイスラエルのツアーや、6日間で大満喫のエジプト、キプロス島、乾季のベストシーズンを迎えるインドなど、ラインナップを取りそろえています。
まずはお気軽に資料をご請求ください。
電子パンフレットはこちら
資料請求はこちらから

| | コメント (0)

2016年7月 1日 (金)

『シアタープノンペン』という映画館へ行きませんか?

シアタープノンペン
カンボジアという国から、皆様は何を連想するでしょうか。日本人観光客が最も足を運ぶ世界遺産アンコールワットでしょうか?それともポル・ポト派でしょうか?
映画『シアタープノンペン』のストーリーは、日々退屈している女子大学生のソポンが偶然入った映画館で自分そっくりの女優が演じる古い映画を見つけ、その女優が今や病気の母のポル・ポト政権前の姿だと気が付くところから始まる。ソポンは映画館の館長から映画の一部が紛失していると聞き、映画を完成させて、母を元気づけようとする。映画を復活させようとする動きを通して、ソポンと素行の悪いボーイフレンドは成長していく…。やっと映画が出来たと思ったら…ソポンは父と母から信じられない真実を聞く。そしてソポンは知る…ポル・ポト政権が家族や映画館の館長に与えた苦しみは、まだ消えていないのだ、と。そのあとのストーリーはもちろん映画館でご覧頂きたいと思う。

この映画はポル・ポト政権下に失われたカンボジアの伝統・文化・それを支えた人々への鎮魂歌だと思う。でも決して重いものではなく、明るい未来への指針があるし、何よりも映像と主人公ソポン役のマー・リネットの美しさ、クメール時代の村娘役の衣装の華やかさと緑の対比がたまらなく綺麗で、カンボジアに思わず行きたくなってしまいます。
ポル・ポト派の残した爪痕は薄れることはあっても消えないし、見ないふりをしても、知らないふりをしても過去に起きた悲劇は変わらないかもしれないけど、向き合うことで、見える景色の色が変わっていく。ソポンの両親も、映画館の館長もボーイフレンドも、ソポンを通して過去と向き合い、変わっていく。
カンボジアだけでなく、いま世界中で悲しい紛争が絶えない。だれも望んでいないのに何でそんなことが起きるのか?と思う人も多いと思う。この映画はポル・ポト派が政権を握った経緯は細かく描かない。そしてソポンの母の「最初はクメール・ルージュを歓迎した」という言葉もソポンには理解できない。私たちはソポンを通して、カンボジアの美しさとおぞましい過去をしり、そして「なぜ?こんな悲劇が起きたのか、を知りたい」と思うことだろう。そしてどうぞ、映画を観た後、カンボジアの歴史を紐解いてほしい。その中で、どうぞポル・ポト政権下の苦しい歴史を知ってほしい。なぜなら、ここで失われかけた伝統文化を、カンボジアの人々は見事に取り戻したから。カンボジアの美しい遺跡や伝統舞踊が今に伝わるのは、まさにこの映画のように苦しみを乗り越えたカンボジアの人々のおかげなのだろうと思います。(加藤)

ユーラシア旅行社で行くカンボジアツアーの魅力はこちら

| | コメント (0)

« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »