« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »

2016年11月

2016年11月15日 (火)

2017年春以降のギリシャツアー発表!

今年は日本で古代ギリシャ展が開催され(今は長崎県美術館にて開催中)、ギリシャのあちこちからやってきた、古代の展示品を見られた方も多いかと思います。
そんなギリシャを歩くのに最も良い季節が近づいてきました!
古代ギリシャ展ではエーゲ海の島々にある博物館からの展示品を見ることが出来ましたが、まさにそれらの生まれ故郷である島々にいらっしゃる機会がありましたら、ただ立ち寄るたけでなく、是非小さな島々にある博物館にも実際に足を運んでいただきたいです。
例えば、デロス同盟金庫が置かれており、古代ギリシャ世界ににおける国際連合本部でもあった、島全体が世界遺産のデロス島や、
王妃エリザベートが愛し、対岸のイタリアの影響を強く受けた美しいコルフ島、
小泉八雲の出生地であるレフカダ島、
聖ヨハネが黙示録を書いたという伝説の島、パトモス島など、
少しマニアックな島も。2017年のギリシャツアーではこれらの島をご案内するコースもご用意しております。

ギリシャ、デロス島

そして、春のギリシャといえばハナズオウです。
遺跡や修道院が桃色で彩られる素晴らしい景観は4月にしか見ることが出来ません。
ヨーロッパではイエス・キリストを裏切ったユダが首を吊った木がハナズオウであったため、ユダの木と呼ばれています。
そんな恐ろしい伝説が残る木とは思えない、美しい花を咲かせる木です。

ギリシャ、オリンピア、ハナズオウ

ハナズオウの花は日本の桜のように見ごろの期間が短く儚い花で、4月にしか見られません。
1月末~野花が見られるようになり、5月にはあちこちでポピーの花を見かけるようになります。
5月半ばから8月くらいまでは海の綺麗な夏、つまり島のシーズンがやってきます。
お好みのシーズンのギリシャに是非、お出かけください。(留置)

| | コメント (0)

2016年11月 4日 (金)

11月6日(日)旅フェスティバル開催します!

敦煌莫高窟

11月6日(日)、旅フェスティバル「ユーラシア文明、その交流と興亡の歴史」を開催します。
ロビーでは民族衣装の試着コーナーや、旅の書籍販売など様々なお楽しみコーナーを設けております。
まだ若干の空席もございますので、当日のご来場もお待ちしております!
 
~会場~
砂防会館別館 東京都千代田区平河町2-7-4
(東京メトロ有楽町線、半蔵門線、南北線、永田町駅4番出口より徒歩1分)
~日時~
2016年11月6日(日) 09:30開場
~プログラム~
【第1会場】専門家による講演会
■第一部 10:00~11:30
“敦煌と西域の仏教美術” 講師:森美智代氏(早稲田大学講師)
■第二部 11:45~13:15
“三国志で紐解く中国の魅力” 講師:渡邉義浩氏(早稲田大学教授、三国志学会事務局長)
■第三部 13:30~15:00
“海のシルクロードとクメール文明” 講師:石澤良昭氏(上智大学元学長)
【第1会場】民族舞踊の調べ
■第四部 15:15~16:00
“踊りと映像でご案内するウズベキスタン” 踊り:ウズベキスタン ダンス アンサンブル ウズベギム
 
【第2会場】楽しく知ろう!世界各国の魅力! 10:00開場
■第一部 10:30~11:30
“旅作家とまこvs旅カフェ&バー「Smile Earth」オーナー吉田有希氏
60分1本勝負「旅の達人が本音で語る世界絶景トーク」”
■第二部 11:45~12:45
“もっと知りたい!イスラエル” ゲスト:鈴木タル氏(イスラエルツアーオペレーター)
■第三部 13:00~14:00
“モロッコの集い~若山ゆりこさんトークショー~”講師:若山ゆりこ氏
■第四部 14:15~15:15
“ヨガで知るインド~ インドでの実体験、ヨーガの哲学のお話しと椅子ヨーガ~” 講師:阿部早苗氏(インド政府公認ヨガ療法士)
 
【第3会場】スペシャリストが語る現地大説明会 10:00開場
■10:30~11:15 アジア・中国の少数民族を訪ねて
■11:30~12:15 エジプトとナイル河クルーズの魅力
■12:30~13:15 光輝く島スリランカ、美しき風景と祈りの世界
■13:30~14:15 ブータン・幸せの秘密
■14:25~15:10 バイコヌール・ロケット打ち上げツアー報告会
■15:20~16:00 何度でも訪れたい、インドの旅
 
なお、講演会の最後、16:05からは無料航空券などが当たる「お楽しみ抽選会」を開催します。
また、当日該当ツアーにご予約頂いた方には、「世界のおみやげ」のプレゼントも!
皆様のご来場をお待ちしております。

| | コメント (0)

« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »