2017年1月31日 (火)

極東ロシア視察団旅日記(4)「アムール川」

Img_0814_2

11月1日から5日まで日本旅行業協会会長、国土交通省、観光庁、旅行業界の皆様方と「極東ロシア視察団」へ参加しました。

今日は観光のお話、アムール川です。アムール川とはロシア語の名前、日本語や中国語ではは黒竜江と呼びます。モンゴル語ではハラムレン、これがなまってアムールになりました。

この川は国境の川である。1689年のネルチンスク条約、1858年の璦琿条約、1860年の北京条約と幾度か国境線は変わった。その後、清国、中華民国、満州国、中華人民共和国と経て、2004年にようやくアムール川とウスリー川の合流点の黒瞎子島(大ウスリー島)の国境が策定した。大ウスリー島は天気が良ければハバロフスクから見ることが出来る。

11月なのに流氷で一面覆われていた。この氷が、日本海へ注ぎ、北海道へと至る。

Img_2666

シベリアのツアーの魅力はこちらから

前回のお話はこちら↓
極東ロシア視察団旅日記(1)「はちみつとキムチ」はちみつ編
極東ロシア視察団旅日記(2)「はちみつとキムチ」キムチ編
極東ロシア視察団旅日記(3)「武士道」

|

ヨーロッパツアー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。