2017年1月 6日 (金)

年末年始、ウィーン旅行の強い味方(オーストリア)

ウィーンフィルニューイヤーコンサート

 皆様、年末年始はいかがお過ごしでしたか? 私はウィーンフィル・ニューイヤーコンサート鑑賞ツアーの添乗をしておりました。
 ケルントナー通り、グラーベン、コールマルクトではイルミネーションが煌めき、年が明ける瞬間は例年通り、街中で打ち上げ花火が上がりとても賑やかに新年を迎えました。
 年が明けていよいよこの旅の一番の目的、楽友協会黄金ホールでのニューイヤーコンサート鑑賞です。今年はベネズエラが生んだ若き天才指揮者グスターボ・ドゥダメルがタクトを振るということで、例年以上に注目を集めました。最後は憧れのラデツキー行進曲の手拍子も楽しみ、夢のような時間はあっという間に過ぎました。
 さて、コンサートのあとは自由時間です。ご希望のお客様には、添乗員よりプランを提示しご案内させて頂きました。年末年始という特別な時季であり、自由時間のプラン作りに少々苦労しました。普段とは違う、この時期ならではの開閉館や営業時間があり、情報を 集めるだけでも大変です。
 今回、オーストリア政府観光局のホームページや、発行しているニュースレターを利用し、最新の開閉館情報等を効率的に集めることができました。オーストリア政府観光局のニュースレターは以前から購読していて、オーストリアやウィーンの最新スポットやイベントの情報が充実していて、普段から企画のヒントにしたり、「また行ってみたいなあ」と思いを馳せたりしていました。いざ、現地に行くとなったときも、実践的な情報をすぐに見つけられ、大変助かりました。
 今回はグループツアーの添乗に利用させて頂きましたが、ホテル・イベントの予約なども連動していて、個人旅行で訪れる場合により効果を発揮しそうに思います。
 ぜひ皆様もご利用下さい。

|

ヨーロッパツアー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。