2017年4月27日 (木)

日本の中の英国、ブリティッシュ・ヒルズを訪れました

ブリティッシュヒルズの敷地内はまさにイギリスのカントリーサイド


 先日、英国滞在体験のできる福島のブリティッシュ・ヒルズを訪れました。山間にある敷地内の風景はまさに英国のカントリーサイド。コッツウォルズや湖水地方を訪れた際の記憶がよみがえりました。メインの建物は中世のマナーハウス(荘園領主の館)を再現。ラウンジや図書室は某人気ドラマの世界に迷い込んだようでした。敷地内の公用語は英語で、英語を母国語とする外国人スタッフがお出迎え。チェックインやレストランでの注文も英語でチャレンジできます。もちろん、日本人スタッフもいますので、英語が苦手な方も問題ありません。

 元々、英国文化も体感できる語学研修施設としてスタートしたとのこと。英国旅行の予復習や海外まで行く時間がないという方がほんの束の間の異国体験をするにはもってこいの場所です。アフタヌーンティーを楽しめるティールームやパブもあり、英国滞在気分を満喫できました。(太田)

ブリティッシュヒルズの図書室

|

ユーラシア旅行社社員のつぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。