« 2017年4月 | トップページ | 2017年6月 »

2017年5月

2017年5月25日 (木)

【おすすめ本】『絶景とファンタジーの島 アイルランドへ』

アイルランド在住の現地ガイド山下直子さんの著書『旅のヒントBOOK 絶景とファンタジーの島 アイルランドへ』が5月29日に発売されます。
添乗員の仕事を経て、2000年からアイルランド在住。
アイルランドでの暮らしや現地ガイドとして数多くのお客様をご案内してきた経験を通して山下さんが感じてきたアイルランドの魅力をたっぷりと紹介している一冊です。
日本語での情報がまだまだ少ないアイルランド。
旅の予復習に、旅のおともにおすすめです。



発売を記念して山下さんを招いてのトークイベントを開催します!

■現地在住ガイドが語る、アイルランドの愉しみ方
・日時 2017年6月3日(土)17:15~18:45
・会場 八重洲ブックセンター(JR東京駅 八重洲南口)
ご予約はこちら

ユーラシア旅行社で行くアイルランドツアーはこちら
アイルランド特集はこちら

| | コメント (0)

2017年5月22日 (月)

愛のトンネルは今日も大賑わい(ウクライナ)

__160521ebm9_tc_9

「絶景」ブームの火付け役の一つ、ウクライナのクレヴァニの「愛のトンネル」。
おかげ様で今年は例年以上に好評で、4月から毎月の催行。私も先日空港でお見送りしたツアーは18名様のお客様にご参加頂きました。誠にありがとうございます。
このクレヴァニ、実はもともとは観光地でも何でもありません。この、「愛のトンネル」は引き込み線のトンネルです。一日数本の貨物の入れ替えが行われる引き込み線なので、木を切ったりせずに伸びるがままにした結果、木がトンネル状になったのが「愛のトンネル」です。実はクレヴァニは軍事基地や飛行機の基地があり、そちらへの引き込み線らしいのですが、それは秘密です(笑)。
ウクライナでも「愛のトンネル」と呼ばれ、最近はご利益にあやかろうと人が集まるようになってきました。線路に立ち入るなんて危険なようですが、一日数本のディーゼル機関車はノロノロと、揚句の果てに一緒に記念撮影を取り始める始末。後ろを見ると、貨車はつないでおらず、どうやら暇な機関士がサービスで走らせているようです。

ウクライナは「美」の国です。美しい正教の教会はキエフ・ルーシのもの。ロシアの源流はウクライナなのです。そう言えば、ボルシチもロシアではなくウクライナが発祥の地だとウクライナ人は言ってました。シーズンにはキエフ・オペラでは何度も日本公演もした、キエフ・バレエを見ることができます。(先日の見送ったツアーは十八番『白鳥の湖』。)

いまだのどかで、それでいて美しいウクライナ。食べ物もおいしく、人々は日本人にはとてても親切です。

__160521ebm9_tc_5

愛のトンネルも訪れるウクライナ・モルドバ・ベラルーシ三国紀行 9日間

ユーラシア旅行社で行くウクライナ・ベラルーシ・モルドバの魅力

| | コメント (0)

2017年5月11日 (木)

イタリアの新しい宿泊スタイル!集落型ホテル、アルベルゴ・ディフーゾ

「アルベルゴ・ディフーゾ」とは、多くの方にとって新しい言葉なのではないかと思います。
「アルベルゴ」はフランス流に言うなら「オーベルジュ」。オーベルジュは宿泊できるレストランとして、日本でも浸透してきました。
そして「ディフーゾ」の意味は「分散」。つまりアルベルゴ・ディフーゾとは「分散したオーベルジュ」です。
何が分散しているかというと、各部屋やレストラン、レセプションなどの機能です。
イタリアで生まれたアルベルゴ・ディフーゾは、過疎化して空き家となった家を再利用。
小さな集落がそのままホテルとして生まれ変わりました。

アルベルゴ・ディフーゾ「イル・カント・デル・マッジオ」にて

先日、イタリア・トスカーナ地方ペンナ村にあるアルベルゴ・ディフーゾ「イル・カント・デル・マッジオ」を訪れました。
糸杉が並ぶ、静かで小さな村のはずれには丘があり、そこにはトスカーナの大地を見下ろすような石造りの家並みの集落があります。イル・カント・デル・マッジオは、この集落の古い家を改装して作られた集落型ホテルです。

アルベルゴ・ディフーゾ「イル・カント・デル・マッジオ」

中央にはレストランがあり、そこを中心としていくつかの宿泊用の部屋があります。インテリアは農園風、都市的なものなど、部屋によって異なりますが、どれもセンスよく、また落ち着く雰囲気に設えてあります。またそれぞれの部屋にミニキッチンが備え付けられていて、まるで家庭にいるようなくつろいだ気分になります。

アルベルゴ・ディフーゾ「イル・カント・デル・マッジオ」客室一例

アルベルゴ・ディフーゾに宿泊したら食事も楽しみの一つ。
イル・カント・デル・マッジオには農園があります。丹念に手入れされた農園には、何種類もの野菜が栽培されていいます。
オーナーの老紳士は、自分で造り上げた部屋と農園をとても大切にしていて、「ここは私の王国だ!」と胸を張って語っていたのが印象的でした。
夕食時には新鮮な野菜を使った料理がテーブルに並びます。もちろん本場のトスカーナ料理です。この地域で採れる食材をその場で味わう地産地消の食を体験。娘さんのシモーナさん夫妻が腕を振るってくれました。食事のお供はもちろんトスカーナワインです。
ここは都会の機能的なホテルではありませんし、一流レストランのような高級料理が提供される訳ではありません。けれど、イタリアの文化や温かな触れ合いを感じるような「オモテナシ」が待っています。

アルベルゴ・ディフーゾ「イル・カント・デル・マッジオ」にて

ペンナ村のアルベルゴ・ディフーゾではスローフードだけでなく、ゆったりとした時間を感じるスローライフを感じる、そんな滞在が体験できます。
(斎藤さ)
2017年秋、アルベルゴ・ディフーゾに泊まる旅はこちら

| | コメント (0)

2017年5月 8日 (月)

祝10周年 プライベート・バラ祭り(ブルガリア)

P5240107_2
ブルガリアは世界最大のローズオイル生産地で世界生産量の7割を占めるそうです。

ローズオイルは香料の原料、世界の名だたる香水、化粧品にはこのブルガリアのローズオイルが使用されています。
バラ畑はブルガリアのほぼ中央、カザンラク市周辺にあり、この地域は「バラの谷」と呼ばれています。

このカザンラクに、日本のJICAが「カザンラク地域振興計画プロジェクト」を実施しました。プロジェクトの中に観光促進があり、新しいバラ祭りの構想が練られました。もともとバラ祭りは収穫祭ということもあり、観光客を想定していませんでしたが、この新しいバラ祭りは、より、訪れる人に楽しんでもらおうとする試みが織り込まれていました。

下の写真は2008年、初めてのプライベートバラ祭りの写真です。村人が出迎え、一緒に花摘みをしたり、伝統的な踊りを披露したり。土日にあたるこの日の為に、近郊のベリコタルノボや首都ソフィア、遥か海外から故郷の村に戻って来る村人もいたとのこと。

2008年から始まったプライベートバラ祭り、以降、1年も欠かすことなく、5月には毎年、プライベートバラ祭りのツアーを催行しています。(お客様のおかげです)
今年で10年目となった、このプライベートバラ祭り。

今年もカザンラク近郊のバラの谷の村人は日本からのお客様を心待ちにしています。(上の写真は一昨年のプライベートバラ祭りです)

ユーラシア旅行社で行く、ブルガリアのバラ祭り

080520erb6_44

| | コメント (0)

« 2017年4月 | トップページ | 2017年6月 »