« 2017年10月 | トップページ

2017年12月

2017年12月19日 (火)

美術三昧、ウィーンの休日

ウィーン美術史美術館

まもなく年末年始のお休みがやって来ます。心待ちにした冬休みを海外で迎える方もいらっしゃると思いますが、ヨーロッパで過ごす方のこの時期ちょっとしたお悩みは、観光で外を歩き回るには少し寒い…という点ではないでしょうか。
そんな時におすすめの過ごし方が、「美術館巡り」です。暖房の効いた屋内で過ごせますし、夏場のオンシーズンに行くと混雑している美術館でも、この時期は名画を間近にみることができるのです。
私事ですが、この冬はウィーンで過ごす計画を立てております。芸術の都と名高いこの町にも珠玉の美術館が多くあり、美術館めぐりにはもってこいです。例えば、来月より上野で展覧会が開催されるブリューゲルの作品が充実した美術史美術館。パリのルーブル、マドリッドのプラドに並び世界三大美術館と言われ、古代から近代まで様々な美術品が納められています。また、クリムトの『接吻』を擁するヴェルヴェデーレ上宮もぜひ足を伸ばしたいところ。モーツァルトが「フィガロの結婚」を作曲した際に暮らしていたモーツァルトハウスを訪ねるのもいいですね。年末年始という特殊な時期は、閉館日を確認することをお忘れなく。それには各施設の公式ホームページへのリンクを集めているオーストリア政府観光局のホームページが便利です。
このホームページには、主要都市からの日帰りのモデルプランも載っているので、滞在中に「1日余ったけれどどうしよう?」という時の目的地探しにも役立ちます。
そのほか、毎月政府観光局が配信しているニュースレターも、オーストリアの最新スポットやイベント情報が充実しています。私も添乗員として自由時間をご提案する際にはもちろん、自分の休暇の計画を立てる際にも利用しています。宿泊施設の紹介もあるので、巷の予約サイトではホテルがたくさんありすぎて選べないという方は参考にしてみてはいかがでしょうか。中には素敵な古城ホテルの情報も。この冬の予定がお決まりの方は、夏休みに向け、旅のヒントを集めてみて下さい。(松永華)

| | コメント (0)

2017年12月 1日 (金)

12月17日は国際フォーラムへ!壮大な景色と空撮の魅力をご案内!

日に日に寒さが増し、外に出るのが億劫になる今日この頃ですね。

しかしそんな時こそ、いつもとは違う休日を過ごしてみませんか?

…というわけで、12月17日(日)の旅フェスティバルのために有楽町の国際フォーラムへ足を運んでみませんか?

「中国大陸から中央アジアへ~王朝と民族の興亡~とドローン空撮の魅力」
【第1部】 11:00~12:30 三国志学会事務局長渡邉義浩氏が三国志の英雄を語る
【第2部】 13:00~14:30 「中央アジア、シルクロードの魅力」
【第3部】 14:45~16:30 「私にもできる!?ドローン空撮の魅力」

小会場では「
スペシャリストが語る現地事情説明会」が開催されます!

今回の旅フェスティバルで注目して頂きたいのは、第3部のドローン空撮の魅力です。
どこまでも続く花畑や草原、壮大な景色を上空から楽しめたら、旅の楽しみは倍増するに違いありません。

Photo_2


でも実際に使ってみたくても、操縦方法や使用禁止になっている場所についての情報、どういう場で使用したらいい?などなど、不安や心配事がありますよね。

そんな不安や心配事を乗り越えてドローンについてのあれこれをご紹介できればと思っております。

Photo_3


当日はロビーでドローンの展示を行いますよ~。

それ以外にも、日本人に大人気の三国志の魅力や春からベストシーズンに入る歴史のロマン薫るシルクロードの魅力もご案内したいと思います!

より詳しくはこちらをごらんください!!→クリック


| | コメント (0)

« 2017年10月 | トップページ