ユーラシア旅行社社員お勧め温泉

2010年8月 5日 (木)

湯河原の伊藤屋(日本)

伊東屋 今日はお休みを頂いて箱根にやってきた。ここ1ヶ月あまり体調が優れなかったり、体を痛めたりとろくなことがなかったので気分転換も兼ねて湯治にやってきた。今回はいつもの箱根ではなく、なんとなく文化の薫りがする湯河原を選んでみた。

さて、私は休みで海外に行く事はほとんどしないが、国内においてはそれなりのクオリティを追求している。(笑)

続きを読む "湯河原の伊藤屋(日本)"

| | コメント (0)

2008年4月29日 (火)

カルロビ・バリ

Karlovy_town さて、昨日紹介したチェコの飲める噴水がある町は、プラハから西に約向かった100km、ドイツとの国境にも近いカルロビ・バリという町だ。13世紀頃に成立したこの町の名前は、当時の神聖ローマ帝国皇帝であり、この町の発展に大きく貢献したカール4世に由来している。この町には温泉が沸く。昨日の記事の最後でハッとした理由は、「世界の湯から」シリーズにこの町を入れれば良かったと思ったからである。

最近旅行の行き先としても順調に数字を伸ばしているチェコだが、まだまだプラハだけを見てチェコを去るツアーも少なくない。しかし小さな国とは言えど、チェコにもプラハ以外の見ておきたい町はたくさんある。カルロビ・バリもその一つだ。

続きを読む "カルロビ・バリ"

| | コメント (0)

2008年4月 4日 (金)

世界の湯から~バース(イギリス)~

Bath1 各方面で大きな反響を呼ぶ事もなく、じわじわ展開してきた「世界の湯から」シリーズも本日で最終回を迎える。映えある最終回は、英語のお風呂と同名の町バースを取り上げる。

バースはこれまで紹介してきた秘湯と違ってロンドンから簡単に列車でも行く事ができる。そして、今回のシリーズの中で最も歴史のある温泉でもあると思われる。発見者は定かではないが、どうやら紀元前にケルト人達が見つけたようだ。その後お風呂好きのローマ人達がやってくると、温泉街として大きく発展する。

続きを読む "世界の湯から~バース(イギリス)~"

| | コメント (0)

2008年4月 2日 (水)

世界の湯から~ホドトカ温泉(ロシア/カムチャツカ)

Khodutka 先日モンゴルの大草原にある秘湯ツェンケル温泉を紹介したが、河合さんからさらなる秘湯を紹介された。その温泉が位置するのは、極東ロシアのカムチャツカ。秘湯たる所以は、行くのに限られた交通手段だ。ツェンケル温泉は、バスでは行けないので4WDを利用して行くのだが、こちらは車では行けないので、なんとヘリコプターで行くのだ・・・。

何もヘリコプターに乗ってまで温泉に行きたいとは思わない御仁もいるかと思うが、ヘリコプターに乗るのは温泉に行くためではなく、カムチャツカの大自然を空から楽しむためなのでご安心を。

続きを読む "世界の湯から~ホドトカ温泉(ロシア/カムチャツカ)"

| | コメント (0)

2008年4月 1日 (火)

世界の湯から~ロトルア(ニュージーランド)~

Rotorua 先日ニュージーランドから帰国した宮澤さんが、以前ニュージーランドに住んでいた事がある佐々木さんとしきりに墓の話をしていた。随分気の早い話だなと思いつつ、ここのところ立て続けに起こった様々な事件が二人の人生観にも暗い影を落としつつあるのかと心配したが、何の事はない、墓の話ではなく、ハカの話であった。ハカとは、ニュージーランドのマオリ人達の踊りで、日本でも昔テレビの宣伝で「ガンバって、ガンバって・・・」とやっていた有名なダンスだ。

さて、そのハカを生んだマオリ人達はニュージーランドの先住民族だ。ニュージーランドにおいては、早い段階で先住民族にも配慮があるワイタンギ条約が結ばれたおかげで、問題が皆無ではなかったものの、欧州系の人々も先住民も互いの権利を尊重した共存が成り立っている。当然マオリ人達の聖地も今日まで健在だ。今日の温泉はその聖地のひとつから紹介しよう。

続きを読む "世界の湯から~ロトルア(ニュージーランド)~"

| | コメント (0)

2008年3月29日 (土)

世界の湯から~ツェンケル温泉(モンゴル)~

Tsenkher2 千秋楽でちょうど横綱同士の相星決戦という面白い展開になった大相撲春場所。私も久しぶりにテレビで生観戦した。結果は、朝青龍が決定戦で白鵬を下し、久しぶりの優勝を決めた。このニ横綱はモンゴル出身だが、この場所で三賞を受賞した4人の幕内力士も全てモンゴル出身という驚異のモンゴル旋風が吹きぬけた。

そんな訳で、小休止から再開する「世界の湯から」シリーズもこのモンゴル力士の躍進をどこかで支えているかもしれない?モンゴルのいい湯をご紹介しよう。その温泉は、草原が広がるモンゴル西部に位置するツェンケル温泉だ。

続きを読む "世界の湯から~ツェンケル温泉(モンゴル)~"

| | コメント (0)

2008年3月20日 (木)

世界の湯から~ブルーラグーン(アイスランド)~

Blue_lagoon2 世界の湯から第3弾は、ここ二年で人気に火が付いた極北の島アイスランドから。氷の国という名前に反して、アイスランドは火山活動が活発で、至る所で間欠泉や大地から上がる煙が見られる。プレートが地表でも動いているので、大地が割れた大地溝(ギャオ)もところどころで見られる。そんな特異な地勢故、当然ながら温泉もふんだんに沸いている。

続きを読む "世界の湯から~ブルーラグーン(アイスランド)~"

| | コメント (0)

2008年3月18日 (火)

世界の湯から~ヘヴィーズ湖(ハンガリー)~

Hungary_lake 昨日のコスタリカに続く世界の名湯(迷湯?)第二弾は、ヨーロッパのハンガリーからお届けしよう。もちろん今日も我々日本人が想像するような普通の温泉ではない。温泉があるのは、同国西部にあるリゾート地バラトン湖の近くにあるヘヴィーズ湖だ。そう、湖という名の通り、ヘヴィーズ湖は、湖ごと温泉の温泉湖なのだ。

さて、その湯加減を堪能する前に、本日もまずその場所から辿ろう。

続きを読む "世界の湯から~ヘヴィーズ湖(ハンガリー)~"

| | コメント (2)

2008年3月17日 (月)

世界の湯から~タバコンリゾート(コスタリカ)~

Costarica_spa 本日から、予告した「世界の湯から」を本日から連載(5,6回ぐらいかな)開始!記念すべき第一回は、おおよそ温泉のイメージはない、中米のコスタリカからお届け。

コスタリカは、旅行の行き先としては、まだまだこれからだろうが、ユーラシアでは販売を開始した2001年頃からじわじわと催行されるツアーも増えている。国土の4分の1以上が国立公園や自然保護区に指定され、多種多様な植物や鳥類が息づくコスタリカは、世界でも有数の環境保護国として知られ、観光でもエコツーリズムの先駆者だ。

さて、まず場所からしてピンと来ない人もいるかもしれませんので、例によって地図を貼り付けました。

続きを読む "世界の湯から~タバコンリゾート(コスタリカ)~"

| | コメント (0)

2008年3月15日 (土)

世界の温泉

Hamakyo 相変わらずの地元ネタで恐縮だが、昨日の主要紙のいくつかのサイトで地元の残念なニュースを見かけたので、取り上げざるを得ない。

私が住む横浜市の綱島は、昭和の前半は温泉街として栄え、最盛期には温泉旅館が70~80軒並び、「東京の奥座敷」と呼ばれていたそうだ。まだ電車が未発達の時代で、今でこそ熱海・伊豆・箱根は都心からも至近の距離にあるが、当時の都心に住む人にとっては綱島に来るだけでも旅行であったのだ。しかし、電車や車が発達すると、人の流れは熱海・伊豆・箱根に向かい、町もベッドタウン化した。そんな中、最後まで頑張って営業していた旅館「浜京」が本日3月15日付けで閉館する事になった。自宅から徒歩数分のところにあるので、さよならを告げに行こう。

さて、過去の記事でも何度か温泉を取り上げたように、私は無類の温泉好き。日本には素晴らしい温泉がたくさんあるので、わざわざ海外に出かける事もないのかもしれないが、世界に目を転じてみると、結構面白い温泉も多い。という訳で、次回からシリーズで「世界の湯から」をお届けしましょう。いくつか紹介する予定だが、取り上げる世界の温泉には、「珍体験を友人に自慢できる」「やっぱり日本の湯が一番落ち着くと再認識できる」等の効能がある・・・。お楽しみに!

| | コメント (0)

その他のカテゴリー

ユーラシア旅行社お勧めの世界の宿 | ユーラシア旅行社お勧めイベント | ユーラシア旅行社が世界の歴史を語る | ユーラシア旅行社のお勧めテレビ番組 | ユーラシア旅行社のお勧め料理 | ユーラシア旅行社のお祭りツアー | ユーラシア旅行社のアジアツアー | ユーラシア旅行社のアフリカツアー | ユーラシア旅行社のオセアニアツアー | ユーラシア旅行社のシルクロードツアー | ユーラシア旅行社のツアーで出会った美女・美男 | ユーラシア旅行社のヨーロッパツアー | ユーラシア旅行社の世界遺産ツアー | ユーラシア旅行社の中央アジアツアー | ユーラシア旅行社の中近東ツアー | ユーラシア旅行社の北中南米ツアー | ユーラシア旅行社の日本ツアー | ユーラシア旅行社の添乗徒然 | ユーラシア旅行社の社員達 | ユーラシア旅行社の自由旅行 | ユーラシア旅行社の船の旅 | ユーラシア旅行社ブログ利用上の注意 | ユーラシア旅行社海外ツアーの食卓から | ユーラシア旅行社海外ツアー動画 | ユーラシア旅行社社員お勧め永田町グルメ | ユーラシア旅行社社員お勧め温泉 | ユーラシア旅行社社員が世界の自然を語る | ユーラシア旅行社社員が宗教を語る | ユーラシア旅行社社員が芸術・文化を語る | ユーラシア旅行社社員のつぶやき