中央アジアツアー

2017年6月19日 (月)

キルギスにて唐代の瓦発見!?現在も発掘が進められる世界遺産「アク・ベシム遺跡」に注目

発掘の進むアク・ベシム遺跡

先月のこと、中央アジアのキルギスにて、7世紀後半のものと思われる大量の瓦が発掘され話題になりました!発見は帝京大学シルクロード学術調査団によるもの。自国の研究者による功績に、私もうれしくなってしまいました。

現場となった「アク・ベシム遺跡」は、かつての唐王朝の都・長安からローマへと伸びたシルクロードの内、中国北西に聳える天山山脈を越えてゆくルートの先にあります。かねてよりこの地は、唐最西端の軍事拠点・砕葉城の跡と考えられていましたが、今回発見された瓦の年代・形式が唐の時代と一致しており、かつ漢字が書かれたものもあったことから、それがより確実なものとなった形です。

砕葉城と言えば、かの玄奘三蔵一行が立ち寄ったことでも知られています。天竺(インド)へと向かう求法の旅路は非常に過酷なもので、特に上記の天山山脈越えの際には多くの犠牲が出てしまったと言います。しかし、越えたその先は、雪解け水の恩恵により緑豊かなオアシスが広がる一大交易地でした。当時この地で力を持っていた北方遊牧民族・西突厥の王の力添えを得るため、一行は数日滞在し、素葉城(砕葉城に同じ)を訪問したとの記録が『大唐西域記』に残っています。余談ですが、彼がその後も天竺までの旅を続けることができたのは、ここで王の協力を獲得し、またここまでの旅路の疲れを癒すことができたからかもしれません。

雪を頂く天山山脈

この地が唐の支配下に入るのは、玄奘三蔵の訪問からわずか数年後のことです。西突厥の王は討たれましたが、砕葉城は西方への勢力拡大を狙う軍事拠点として引き続き使用されることとなります。
しかしながら、諸行無常とは言ったもので、唐の勢力も長くは持ちません。8世紀に入ると、タラス河畔の戦いにて大敗を喫し、この地をイスラム勢力へ明け渡したのでした。

大陸の中心に位置し、豊かな土地だった故に、攻防が繰り広げられた天山のオアシス。現在の「アク・ベシム遺跡」を訪れてみると、風化も手伝って城の形はほとんど保たれていませんが、確かに広大な城壁の跡が見られます。
かつてこの地に栄えていた一大都市を思い浮かべ、心の目で見てみると、吹き抜ける涼しい風にすらロマンを感じられる気がするのです。

帝京大学シルクロード学術調査団による発掘は、夏にも行われるそうですので、さらなる面白い発見があるかもしれません。まだまだ今後が期待の遺跡です!

| | コメント (0)

2016年7月 8日 (金)

2016~2017 年末年始限定コースを新発表!世界一の高さを誇るブルジュハリファのカウントダウン花火で年越しはいかがですか?(他、中近東・北アフリカ・インドなど)

12_2

間もなく夏休みシーズン…ということでご旅行を楽しみにされている方は多いかと存じますが、ご計画の早い方々からは、既に年末年始のお問合せも頂き始めています!ユーラシア旅行社でも、一足早く、年末年始限定コースを発表させて頂きました。

毎年恒例でご好評を頂いているのが、ドバイ・ブルジュハリファから繰り出されるカウントダウン花火ツアー。世界一の高さ(828m)を誇るビル全体が鮮やかな花火に彩られる様子は圧巻!側面から次々に飛び出す仕掛け花火は、打ち上げ花火とはまた違った魅力があり、さながらエンターティナ―ショーです。新年のお祝いとして、ここでしか体験することのできない華やかな夜を過ごしてみてはいかがでしょうか?

また、せっかくドバイに行くなら他の国にも足を延ばしたい…という方には、一度は行きたいヨルダン・ペトラ遺跡や、自由散策も楽しいスペイン・バルセロナと組み合わせたコースもあります。さらに、変わり種はペルシャ湾に浮かぶ渡り鳥の楽園・ゲシュム島との組み合わせ!近年日本でも話題となりつつありますが、まだまだ手付かずのマングローブ林や塩の洞窟など、多様な自然をお楽しみ頂けます。
ドバイ・カウントダウン花火関連ツアーはこちら

その他、“聖地でクリスマス体験”エルサレムの教会にてクリスマス・ミサを見学するイスラエルのツアーや、6日間で大満喫のエジプト、キプロス島、乾季のベストシーズンを迎えるインドなど、ラインナップを取りそろえています。
まずはお気軽に資料をご請求ください。
電子パンフレットはこちら
資料請求はこちらから

| | コメント (0)

2015年2月 5日 (木)

2月14日(土)に中央アジア・シルクロードフォーラムを開催します!

中央アジアツアー、中央アジア旅行

来たる2月14日(土)13時より、新宿安田生命ホールにて「シルクロードと日本を紡ぐ糸」と題したイベントを開催します。
当日は、前トルクメニスタン臨時代理大使の堀口暢氏より、知られざる中央アジアの一国「トルクメニスタンの今」をテーマにお話し頂きます。

また、実際に現地に赴いたユーラシア旅行社スタッフが撮影した画像を交えながら、弊社シルクロードツアーの魅力をご紹介します。
プログラムの最後には、シルクロード・ダンス・アンサンブルさんによるウズベキスタンの民族舞踊もお楽しみ頂きます。
ウズベキスタンでは、お祭や結婚式などのお祝い事には、アトラス模様や、華やかな刺繍の施された民族衣装に身を包み、伝統的な民族舞踊が催されます。
ロビーでは、昨年100名以上のお客様にご参加頂いたトルクメニスタンの“地獄の門”ツアーの紹介コーナーも。
40年以上燃え続ける巨大なガスクレーターの近くにテント泊し、暗闇に燃えさかる炎の迫力の光景をご覧頂くツアーです。
服装は?持ち物は?スーツケースのサイズは?テントではどんな感じ?など、よくあるご質問にお答えする展示をご用意しています。

また、ウズベキスタン料理店の屋台も出現!
食べて、見て、聞いて、中央アジアを身近に感じるイベントです。
ご興味のある方は、ぜひご来場お待ちしております。

| | コメント (0)

2014年7月21日 (月)

【旅テレビ情報】中央アジアの親日国家「キルギス共和国」(ユーラシア旅行社で行く中央アジアツアー)

キルギスツアー、キルギス旅行

7月22日(火)19:54~20:54に、テレビ東京の番組「ありえへん∞世界」で、あなたが99%行かないかも知れない世界の秘境第18弾として、“旧ソ連の構成国であり中央アジアの親日国家「キルギス共和国」”が放映されます。
番組では、旧ソ連と中央アジアが混ざり合ったキルギスならではの独自の文化などが紹介されます。
さて、ユーラシア旅行社の社員にはすっかりおなじみのキルギス。
ウズベキスタン、トルクメニスタン、カザフスタンなどと合わせて、旧ソ連の中央アジア諸国は、人気の観光地です。
特にキルギスの「アクベシム遺跡」や「バラサグン遺跡」は、今年2014年のユネスコの世界遺産にも「シルクロード」として登録され、注目を集めています。
また、美しい峡谷や草原が広がり、自然がお好きな方にはお勧めです。
シルクロードつながりかどうか、番組でも取り上げられるように、キルギス人と日本人は顔がそっくりです。
添乗員の中にも、街中で偶然自分と瓜二つのキルギス人と固く握手を交わしたなんていう話もあるほどです。
日本ではまだなじみの薄いキルギスですが、現地では妙に親近感が湧いてしまう国です。

| | コメント (0)

2014年5月29日 (木)

【特集公開!】世界の市場を巡る旅(ユーラシア旅行社で行く海外ツアー)

 皆さん、こんにちは。東京では、雨が降ったり、暑かったりと気候がころころ変わる日が続いておりますが、いかがお過ごしでしょうか。

Photo

 突然ですが、皆様のご旅行中の楽しみは何ですか?私は市場を歩くのが楽しみです。
地元の人々との触れ合いはもちろんですが、日本では見たことのない野菜や果物があったり、日本との価格の違いに驚いたりと新たな発見があるので、市場覗きはやめられません。
 さて、この度ユーラシア旅行社の海外ツアーで訪問する世界の市場の魅力をお伝えする特集ページが完成致しました。
地中海で育ったトマトやレモン、そして海産物が並ぶシチリア島のパレルモの市場、迷路のようなモロッコのスーク、トルティージャを焼く香ばしい匂いが漂うグアテマラのインディヘナ市等、世界の市場を紹介しています。
個人的には、添乗で行ったブラジルのマナウスの中央市場が記憶に新しいのですが、アマゾン川で捕れるピラニアや大きいもので2mを越える巨大魚・ピラルク等、見ているだけで楽しくなりました。
 この特集を読めば、きっとあなたも市場に行きたくなるはず?!
ユーラシア旅行社の海外ツアーで行く世界の市場を巡る旅はこちらからご覧下さい。(竹本)

| | コメント (0)

2014年4月15日 (火)

トルクメニスタンの燃え続ける大穴、地獄の門(ユーラシア旅行社で行く地獄の門ツアー)

Flaming_crater_s

中央アジアのトルクメニスタンには「地獄の門」という何やら恐ろしい名の観光スポットがあります。
カラクム砂漠にあるダルヴァザという小さな村にある灼熱の炎に包まれた大穴。
それが「地獄の門」です。
 
1971年、旧ソ連の地質学者たちが行った天然ガスの調査の際に起きた事故で、直径約60m、深さ約20mもの巨大な穴があきました。
そこから放出されるガスの漏れを防ぐ為に点火された火が、40年以上経った今も燃え続けています。

続きを読む "トルクメニスタンの燃え続ける大穴、地獄の門(ユーラシア旅行社で行く地獄の門ツアー)"

| | コメント (0)

2014年1月 7日 (火)

【共通テーマデー】旅先で記憶に残った色彩;青の都サマルカンド(ユーラシア旅行社の中央アジアツアー)

Registan

青の都サマルカンド。
中央アジア、ウズベキスタンの古都です。
形容される通り、サマルカンド・ブルーと呼ばれる青や水色のタイルで彩られたモスクなどのイスラム建築の美しさで知られています。
当時の何ともいえない美しい青色は、現在でもどのように調合されているのか不明だとか。
サマルカンドは、14世紀にアミール・ティムールによって建国されたティムール帝国の首都として栄えました。ティムールは、13世紀にチンギスハーンにより徹底的に破壊された町を
再生させた英雄として、現在のウズベキスタンでも人気です。
当時、最高の建築技術を誇ったペルシャ(イラン)から職人たちが集められ、巨大かつ壮麗な建築群を作りました。

続きを読む "【共通テーマデー】旅先で記憶に残った色彩;青の都サマルカンド(ユーラシア旅行社の中央アジアツアー)"

| | コメント (0)

2013年9月12日 (木)

トルクメニスタンの名馬アハルテケ

Ahalteke

永田町という場所柄、外国からの要人が来日している際には、国会付近の道路にその国の国旗が揚げられているのを目にします。
昨日は見覚えのある緑色の国旗が・・・。そう、トルクメニスタンのベルドイムハメドフ大統領が来日しているためです。
産経新聞によると、今回の大統領の公式訪問にあわせ、トルクメニスタンと日本中央競馬会(JRA)が提携するとのこと。
トルクメニスタンは絨毯や綿花栽培で有名ですが、アハルテケという馬の原産国としても知られています。
アハルテケはその持久力とスピードから、中国の歴史上で有名な、血の汗を流し1日に千里(約500km)走る名馬「汗血馬」の子孫だともいわれています。

続きを読む "トルクメニスタンの名馬アハルテケ"

| | コメント (0)

2013年4月 9日 (火)

ティムールの故郷シャフリサブス(ウズベキスタン)

Shahrisabz 昨日4月8日は14世紀に大帝国を築いたアミール・ティムールの誕生日だそうです。
ティムールは1336年にウズベキスタンのシャフリサブスで生まれました。
ウズベキスタン、ティムールといえば、青の都サマルカンドが有名ですが、このシャフリサブスもユネスコの世界遺産にも登録されています。

続きを読む "ティムールの故郷シャフリサブス(ウズベキスタン)"

| | コメント (0)