世界遺産訪問ツアー

2016年4月 8日 (金)

緊急発表!アンコールワット西参道修復工事起工式特別参加 アンコール遺跡とプレア・ヴィヒアの旅6日間!!

アンコール・トム(バイヨン寺院)


“カンボジア人による、カンボジア人のための、カンボジアの遺跡保存修復を重視した活動”を続けている上智大学アンコール・ワット遺跡国際調査団。
アンコールワットの西参道修復工事は、数々の困難の末2007年に第一工区が完成致しましたが、この度残る部分の修復工事が、外務省のODAとして採択されその起工式が行われる事になりました。
 
ユーラシア旅行社は上智大学元学長・石澤良昭氏同行ツアーや寄付を通じ、この修復にご協力させて頂き、数多くのお客様にアンコール・ワットの素晴らしさと現状を知って頂きたく共に歩んで参りましたが、この度、この起工式に特別参加をするツアーを発表させて頂きます。
起工式はカンボジア王国第一副首相のソク・アン閣下がご臨席、日本からは駐カンボジア王国特命全権大使隈丸優次閣下がご臨席くださいます。
また、式場では大型クレーン車など日本政府贈呈のODA修復機材が並べられ、カンボジアの伝統的な仏教儀礼がご覧頂けます。
起工式特別参加後は、石澤良昭氏同解説で天空の寺院「プレア・ヴィヒア」を含め、壮大なアンコール遺跡群の素晴らしさをじっくり味わって頂けます。
 
急遽設定されたため、申込期限は4月14日(木)となりますが、アンコール・ワットの歴史の証人となり新たな歴史の1ページを共有するツアーとなることでしょう。
一度訪れたことがある方も、アンコール・ワットの権威・石澤良昭氏の同行解説を聞けば、専門家ならではの詳しい解説とそのわかりやすさ・奥深さに驚く事でしょう。
限定緊急募集なのでなるべくお早めのご連絡お待ちしております。

| | コメント (0)

2014年6月23日 (月)

「2014年 新登録 世界遺産」決定!(ユーラシア旅行社の海外ツアー)

2014 世界遺産 新登録

カタールのドーハで開催中の第38回世界遺産委員会で、
2014年の新世界遺産が決定致しました!
群馬県の「富岡製糸場と絹産業遺産群」が
無事に登録に至ったことはご存知かと思いますが、
世界各国でもシルクロードを始め、
続々と新たな世界遺産が誕生しています。
2014年に新登録された世界遺産は、
中国から中央アジアのカザフスタン、
キルギスの3ヶ国にまたがる「シルクロード」を始め、
オランダの「ファン・ネレ工場」や、韓国の「南漢山城」など、
今年登録が確実と言われていたものの他に、
トルコの「ペルガモン遺跡」や、
オスマン朝最初の都が置かれた「ブルサ」、
西インド「パタンの階段井戸」など、
ユーラシア旅行社のツアーで訪れることのできる
観光地も多数新登録されました。
早速、ユーラシアの旅で登録されたばかりの注目の
世界遺産候補を訪ねてみませんか?

| | コメント (0)

2014年5月31日 (土)

ユーラシア旅行社の海外ツアーで訪ねる「2014年 新登録予定 世界遺産」

2014新登録世界遺産

今年も6月15日から6月25日にカタールのドーハで第38回世界遺産委員会が開催され、新たな世界遺産が決定します。
群馬県の「富岡製糸場と絹産業遺産群」がほぼ登録確実というニュースは既にご存知かと思いますが、世界各国でもシルクロードに点在する数々の史跡などが登録される見込みです。
世界遺産に新登録される予定の一つに挙げられているのが、中国から中央アジアのカザフスタン、キルギスの3ヶ国にまたがる「シルクロード」です。
申請されたのは、シルクロードの始点長安(現在の西安)や洛陽から、天山回廊を経て、中央アジアに至る部分で、世界遺産登録委員会の諮問機関イコモスによると、シルクロード交易による人や物の流れによってインフラの整備や技術革新がもたらされ、ユーラシア大陸にあった農業と遊牧という2つの主要な文化や思想の交流を生んだことが評価されたとのこと。
その他、オランダのファン・ネレ工場や、韓国の南漢山城など、ユーラシア旅行社のツアーで訪れることのできる世界遺産候補を一足お先にご紹介させて頂きます!

| | コメント (0)

2013年7月 3日 (水)

2013年新登録の世界遺産特集

200811_fuji_0964_w1600先日、正式に世界遺産に登録された富士山が山開きを迎えましたね。

早速多くの登山客で賑わいをみせているようです。
私も小学生の頃、一度富士山に登ったことがあるのですが、
早朝の出発だった為、本8合目の山小屋で眠ってしまい、
まんまと高山病にかかり頂上目前に下山したという苦い思い出があります。
いつか頂上までリベンジしたいものです。

続きを読む "2013年新登録の世界遺産特集"

| | コメント (0)