アジアツアー

2017年7月14日 (金)

日タイ修好130年記念「タイ~仏の国の輝き~」

小暑を過ぎ、いよいよ夏本番といったところ。屋外で過ごすのは少々つらい時期となって参りましたが、屋内で楽しめる展覧会へのお出かけはいかがでしょうか?

2017年7月4日(火)~8月27日(日)、東京国立博物館にて、特別展「タイ ~仏の国の輝き~」が行われています。国民の約95%を仏教徒が占める仏教大国・タイから、仏教伝来以降、スコータイ王朝、アユタヤ王朝はもちろん近代にいたるまでの仏教美術の数々が来日!

注目は「ナーガ上の仏陀坐像」。ナーガとは、コブラのような姿で描かれるヒンドゥー教由来の龍神です。龍は水と関わりが深いため、アジアに限らず農耕社会や水辺ではよく意匠にされますが、当作品のようにとぐろを巻いて仏陀の台座となる姿は仏話に基づいています。
仏陀が菩提樹の元で悟りを得た際、解脱の喜びをかみしめ瞑想を続けていたところ、7日間に渡る大嵐に襲われてしまいました。その時、樹下に住むナーガの王・ムチャリンダは、7重にまいたとぐろで仏陀を包み込み、また扇状の鎌首で雨を防ぎ、仏陀を守り抜いたのです。
正面から見た仏陀のお姿が素敵なことは言うまでもありませんが、せっかくですので横からもじっくりご覧ください。仏陀を包み込むナーガの、大きく広がる首元からとぐろを巻いた尾へとつながる曲線もまた美しく、細部まで作りこまれていることが感じられるでしょう。

その他の作品も逸品ぞろい。古くより民俗や文明の行き交っていたタイの美術様式は多種に渡り、その変遷からタイの歴史を垣間見ることもできますよ!

最後に少しだけ、タイの仏像にご興味頂けた方へ、どうしてもタイ現地でしか見られない趣深い仏像をご紹介。

「ワット・プラ・マハタート」にて

▲アユタヤ遺跡の寺院の一つ「ワット・プラ・マハタート」は、ビルマ軍侵攻の際に破壊されてしまった地。長い年月をかけて木の根に取り込まれた仏の頭にお目にかかれます。

「ワット・ポー」の涅槃仏

▲バンコクにある寺院「ワット・ポー」には全長約46メートルの巨大な涅槃仏が横たわっています。足の小指だけでも人の頭より大きく、全体像を1枚の写真に収めるのはなかなか難しい!大きいだけでなく、足の裏に描かれた螺鈿細工108の絵など、細部まで見ごたえがあります。入滅前の最後の説法をするそのお顔は、穏やかながらも凛としています。

仏像と言っても、姿かたちから描かれたシーンまで様々。それぞれ歴史背景や作り手のことを想像しながら見ると、見飽きることがありません。
日本の仏像も良いですが、たまには違う文化に触れてみるのも面白いですね。

ユーラシア旅行社で行くタイツアー
タイ国際航空で行く タイ大周遊 10日間

| | コメント (0)

2016年8月 5日 (金)

自然と建築の融合~スリランカが生んだ熱帯建築家ジェフリー・バワの傑作ホテル

01_2

皆様にとって、宿泊先のホテル選びには何が大切でしょうか。ゆっくり休まる設備、ロケーションや景色、それともお食事?宿泊も旅の楽しみですから、ホテルにもこだわりたいですよね。
観光の後は寝るだけだからどこでも良い…という方でも、建物自体が建築として名高いホテルでしたらご興味をお持ち頂けるでしょうか。それ自体が一見の価値を持つのですから、観光地が一つ増えたような感覚です。

近年注目度が高まっているのが、建築史の、特にリゾートホテルの在り方を大きく変えたスリランカの建築家ジェフリー・バワです。南国の土地がもつ自然と建築の融合が感じられる建物を数多く手がけたことから、“熱帯建築家”の通称があります。

彼が生まれたのは1919年、イギリス植民地時代のスリランカ。もとは法曹の道を目指してケンブリッジ大学を卒業しており、紆余曲折を経て建築家となったのは38歳のときのことです。

20世紀初頭の建築をけん引していた存在と言えば、ヨーロッパではル・コルビュジエ、ミース・ファン・デル・ローエ、アメリカではフランク・ロイド・ライトの三大巨匠。機能的でスマートなモダニズム建築が流行でした。
それに対し、彼らより少し後に生まれたジェフリー・バワは、いわゆるモダニズム建築の潮流には乗りつつも、“自然との調和”を一つの特徴とする新しい建築を造り出していきます。

例えば、スリランカ山間の湖畔にたたずむ晩年の傑作「ヘリタンス・カンダラマ」ホテル。まずは、その森に埋もれたような外観に驚かされます。内部に入ると、そこにはむき出しとなった岩山を活用したエントランス。さらに奥へ進めば、目の前にはプールと、その向こうに広がるカンダラマ湖が繋がっているかのような光景が広がります。今ではリゾートホテルの代名詞ともいえるインフィニティプールですが、実はこのスタイルが初めて取り入れられたのがヘリタンス・カンダラマです。室内にいながら、緑と土の香り、湖からの風を受け、まるで自然に抱かれるような感覚。なるほどバワが自然と人工の融合を目指していたという意味が分かるような気がします。

バワが手掛けたホテルは建築史上でも大きな価値を持つことでしょうが、建築好きでなくとも魅了してしまうのは、建物単体でなく、スリランカの持つ自然の美しさと結びついた空間そのものがとても心地よく、安らかなものだからかもしれません。
せっかくのスリランカまで行くのなら、バワ建築に宿泊し、思いっきり現地の風土を堪能したいですね。 (影山)

| | コメント (0)

2016年7月 8日 (金)

2016~2017 年末年始限定コースを新発表!世界一の高さを誇るブルジュハリファのカウントダウン花火で年越しはいかがですか?(他、中近東・北アフリカ・インドなど)

12_2

間もなく夏休みシーズン…ということでご旅行を楽しみにされている方は多いかと存じますが、ご計画の早い方々からは、既に年末年始のお問合せも頂き始めています!ユーラシア旅行社でも、一足早く、年末年始限定コースを発表させて頂きました。

毎年恒例でご好評を頂いているのが、ドバイ・ブルジュハリファから繰り出されるカウントダウン花火ツアー。世界一の高さ(828m)を誇るビル全体が鮮やかな花火に彩られる様子は圧巻!側面から次々に飛び出す仕掛け花火は、打ち上げ花火とはまた違った魅力があり、さながらエンターティナ―ショーです。新年のお祝いとして、ここでしか体験することのできない華やかな夜を過ごしてみてはいかがでしょうか?

また、せっかくドバイに行くなら他の国にも足を延ばしたい…という方には、一度は行きたいヨルダン・ペトラ遺跡や、自由散策も楽しいスペイン・バルセロナと組み合わせたコースもあります。さらに、変わり種はペルシャ湾に浮かぶ渡り鳥の楽園・ゲシュム島との組み合わせ!近年日本でも話題となりつつありますが、まだまだ手付かずのマングローブ林や塩の洞窟など、多様な自然をお楽しみ頂けます。
ドバイ・カウントダウン花火関連ツアーはこちら

その他、“聖地でクリスマス体験”エルサレムの教会にてクリスマス・ミサを見学するイスラエルのツアーや、6日間で大満喫のエジプト、キプロス島、乾季のベストシーズンを迎えるインドなど、ラインナップを取りそろえています。
まずはお気軽に資料をご請求ください。
電子パンフレットはこちら
資料請求はこちらから

| | コメント (0)

2016年7月 1日 (金)

『シアタープノンペン』という映画館へ行きませんか?

シアタープノンペン
カンボジアという国から、皆様は何を連想するでしょうか。日本人観光客が最も足を運ぶ世界遺産アンコールワットでしょうか?それともポル・ポト派でしょうか?
映画『シアタープノンペン』のストーリーは、日々退屈している女子大学生のソポンが偶然入った映画館で自分そっくりの女優が演じる古い映画を見つけ、その女優が今や病気の母のポル・ポト政権前の姿だと気が付くところから始まる。ソポンは映画館の館長から映画の一部が紛失していると聞き、映画を完成させて、母を元気づけようとする。映画を復活させようとする動きを通して、ソポンと素行の悪いボーイフレンドは成長していく…。やっと映画が出来たと思ったら…ソポンは父と母から信じられない真実を聞く。そしてソポンは知る…ポル・ポト政権が家族や映画館の館長に与えた苦しみは、まだ消えていないのだ、と。そのあとのストーリーはもちろん映画館でご覧頂きたいと思う。

この映画はポル・ポト政権下に失われたカンボジアの伝統・文化・それを支えた人々への鎮魂歌だと思う。でも決して重いものではなく、明るい未来への指針があるし、何よりも映像と主人公ソポン役のマー・リネットの美しさ、クメール時代の村娘役の衣装の華やかさと緑の対比がたまらなく綺麗で、カンボジアに思わず行きたくなってしまいます。
ポル・ポト派の残した爪痕は薄れることはあっても消えないし、見ないふりをしても、知らないふりをしても過去に起きた悲劇は変わらないかもしれないけど、向き合うことで、見える景色の色が変わっていく。ソポンの両親も、映画館の館長もボーイフレンドも、ソポンを通して過去と向き合い、変わっていく。
カンボジアだけでなく、いま世界中で悲しい紛争が絶えない。だれも望んでいないのに何でそんなことが起きるのか?と思う人も多いと思う。この映画はポル・ポト派が政権を握った経緯は細かく描かない。そしてソポンの母の「最初はクメール・ルージュを歓迎した」という言葉もソポンには理解できない。私たちはソポンを通して、カンボジアの美しさとおぞましい過去をしり、そして「なぜ?こんな悲劇が起きたのか、を知りたい」と思うことだろう。そしてどうぞ、映画を観た後、カンボジアの歴史を紐解いてほしい。その中で、どうぞポル・ポト政権下の苦しい歴史を知ってほしい。なぜなら、ここで失われかけた伝統文化を、カンボジアの人々は見事に取り戻したから。カンボジアの美しい遺跡や伝統舞踊が今に伝わるのは、まさにこの映画のように苦しみを乗り越えたカンボジアの人々のおかげなのだろうと思います。(加藤)

ユーラシア旅行社で行くカンボジアツアーの魅力はこちら

| | コメント (0)

2016年6月 9日 (木)

ダライ・ラマ法王のお膝元、ダラムシャラ(インド)

ダラムシャラの町並み=

6月に入り、関東以東では続々と梅雨入り宣言が出されましたね。
私のご近所でも、雨に映える紫陽花の花がいよいよ美しい色を
見せてくれる季節となって参りました。
 
 
さて、先月のことですが、チベット仏教の最高指導者ダライ・ラマ法王が来日し、大阪で4日間に渡る法話を説かれ、話題になりました。
その後もアメリカの各州にてご講演の予定が決まっているなど
お忙しいダライ・ラマ氏。直接お目にかかるのは難しいものですが、
そのお膝元を訪ねてみるのはいかがでしょうか?
 
ご存知の通り、現在、ダライ・ラマ氏の邸宅が構えられているのは
インド・ダラムシャラの地です。中国によるチベットへの圧政が強ま
り、人民解放軍による侵攻と混乱の中で亡命を余儀なくされたのが
1959年のこと。インド側の協力を得てダラムシャラに樹立された
亡命政府の歴史は50年余りのものではありますが、チベットの人々
にとって、この地は第二の故郷とも呼べる程に大切な場所なのだといいます。
チベット本土では、未だに中国政府による監視の目が厳しく、学校の
教育も中国の方針に沿ったもの。ダライ・ラマ氏の写真を所持することさえも規制されている実情があります。しかしながら、ダラムシャラを歩くと、町の至る所にダライ・ラマ氏の肖像画が飾られ、人々は
自由に信仰と文化を守り続けています。“チベットよりもチベットらしい”と表現されることも納得。今日において、生き生きとしたチベット文化を見ることができる数少ない場所の一つなのです。未だにこの地を目指して亡命する人々は絶えず、教育を受けさせるために子どもを送る親御さんも多いのだそうです。
 
ダラムシャラを訪れるのであれば、個人的にお勧めしたい場所が
「チベット博物館」。規模は小さいながら、ダライ・ラマ氏と多くの
チベット人が亡命を選んだ経緯や、中国政府によって破壊されて
しまった仏像の様子などがよく展示されています。チベット本土に
おいては、中国の規制によって、とても目にすることができない
ような資料でしょう。根深いチベット問題を考える為に、大変参考に
なる場所だと思っています。
 
ダライ・ラマ氏も御年80歳。近年は引退や後継の問題についても言
を発する機会が増えました。その時はダラムシャラがどうなるのか、
世界に散らばるチベット難民の人々がどうなるのか、予測はつきませんが、必ずやチベットの在り方が大きく変わる重要な節目となるでしょう。今は、じっくりとチベット文化圏を訪れる良い機会なのかもしれません。(影山)
 
【関連ツアー】

| | コメント (0)

2016年4月 8日 (金)

緊急発表!アンコールワット西参道修復工事起工式特別参加 アンコール遺跡とプレア・ヴィヒアの旅6日間!!

アンコール・トム(バイヨン寺院)


“カンボジア人による、カンボジア人のための、カンボジアの遺跡保存修復を重視した活動”を続けている上智大学アンコール・ワット遺跡国際調査団。
アンコールワットの西参道修復工事は、数々の困難の末2007年に第一工区が完成致しましたが、この度残る部分の修復工事が、外務省のODAとして採択されその起工式が行われる事になりました。
 
ユーラシア旅行社は上智大学元学長・石澤良昭氏同行ツアーや寄付を通じ、この修復にご協力させて頂き、数多くのお客様にアンコール・ワットの素晴らしさと現状を知って頂きたく共に歩んで参りましたが、この度、この起工式に特別参加をするツアーを発表させて頂きます。
起工式はカンボジア王国第一副首相のソク・アン閣下がご臨席、日本からは駐カンボジア王国特命全権大使隈丸優次閣下がご臨席くださいます。
また、式場では大型クレーン車など日本政府贈呈のODA修復機材が並べられ、カンボジアの伝統的な仏教儀礼がご覧頂けます。
起工式特別参加後は、石澤良昭氏同解説で天空の寺院「プレア・ヴィヒア」を含め、壮大なアンコール遺跡群の素晴らしさをじっくり味わって頂けます。
 
急遽設定されたため、申込期限は4月14日(木)となりますが、アンコール・ワットの歴史の証人となり新たな歴史の1ページを共有するツアーとなることでしょう。
一度訪れたことがある方も、アンコール・ワットの権威・石澤良昭氏の同行解説を聞けば、専門家ならではの詳しい解説とそのわかりやすさ・奥深さに驚く事でしょう。
限定緊急募集なのでなるべくお早めのご連絡お待ちしております。

| | コメント (0)

2016年1月 7日 (木)

CNNが発表!「2016年 注目の旅行先」(インド・ランタンボール国立公園)

Ranthambore_1


時候の割に暖かい日が続く今日この頃ですが、週末は日本海側を中心に天気が崩れやすいようですね。たまにはゆっくりと室内で過ごしながら、向こう1年のご旅行計画を練る方もいらっしゃるでしょうか?

ご検討の参考にご紹介したいのが、先日CNNより発表された
2016年 注目の旅行先ベスト16」(リンク先は英語表記)。
近年人気の高まっているイランや台湾のランクインに加え、
気になったのはインド・ランタンボール国立公園。
世界でも珍しく“野生のトラ”が生息する動物保護区です。

絶滅危惧種にも指定されているトラは、現在では総数4000頭前後にまで減少しています。
インドに生息するベンガルトラの場合、19世紀後半~20世紀のイギリスの植民地時代、入植者や富裕層によるトラ狩りが盛んに行なわれていました。トロフィー(頭部を剥製にした壁飾り)を競うスポーツ感覚のものから、毛皮や骨を求める狩猟まで、多くのトラが乱獲の犠牲になったといいます。

ランタンボール国立公園もかつての狩猟区でしたが、インド独立後にトラの生息地として保護され始め、徹底した管理が続けられています。敷地は1334平方kmにも及び、森そのものの美しさも魅力の一つです。世界遺産にも登録されている「ランタンボール城塞」が点在し、その遺跡群をのみこむようにバニヤン(ベンガルボダイジュ)の木の根が絡まり合う様は、まさに生きる森。ベンガルトラにとっても、身を隠す絶好の場所でしょう。
公開は冬季の10~6月限定。ジープでのドライブサファリを体験できるため、運が良ければ、希少なベンガルトラに出会えるかも…

ところで、ランタンボールには50頭以上のトラが暮らしていますが、職員さんによると、その全てに愛称がつけられているそう。とても大切にされていることが伝わってきますよね。(影山)


ユーラシア旅行社で行く関連ツアーはこちら↓

| | コメント (0)

2015年10月 8日 (木)

必見!ベトナムの水上人形劇

水上人形劇

先日10月3日(土)に石澤良昭氏講演「東南アジアの文化遺産」を開催しました。
カンボジアのアンコールワットやミャンマー、ラオスなど、東南アジアの国々をご紹介頂きました。

ベトナムを訪れた際にぜひご覧頂きたいのが伝統芸能「水上人形劇」です。
もともとは農民が豊作を祈って田んぼで行っていた娯楽が、伝統芸能にまで発展しました。
ハノイの劇場で見た人形劇は、水が張られた舞台に、バシャバシャと水しぶきを立てながら人形がコミカルに動き回り、そのかわいさに思わず笑みがこぼれます。
短いお話が何話か続き、人形の動きに合わせて楽器や人形の声が入ります。
終盤では舞台上を小さな花火が上がったり、ひとりでは操れそうもない大きな龍の人形が現れたりと、言葉が分からなくても十分楽しめる内容になっています。
人形は水に浸かるにも関わらず、なんと木製。
聞けばいちぢくの木で作られていて、樹脂でコーティングされているとか。
味のある表情も木ならではです。
人形は上から糸で吊るされているわけではなく、初めて見た時は、人が水に潜って忍者のように下から操っているのか、と謎に思いましたが、フィナーレで傀儡師さんたちが登場し、その謎が解けます。
これは見てからのお楽しみ。(大木)

| | コメント (0)

2015年8月 3日 (月)

『僕たちの家(うち)に帰ろう』 映画 8月29日(土)ロードショー 

ユーラシア旅行社で密かに人気が出ているコース、
それがシルクロードツアーです。

砂漠でしょ、と思われた皆様、違います。シルクロードは結構複雑なんです。
砂漠もあれば美しい草原もあるのです。

Imgp8518

ただ、乾燥が進み砂漠化しているところも多い模様ですが…。

今回はそんなシルクロードの出発地点近くの甘粛省にある河西回廊を舞台にした映画を紹介いたします。

8月29日(土)から渋谷で上映される『僕たちの家(うち)に帰ろう』に出てくる一組の兄弟の視点は、いろんなことを考えさせてくれます。

街に住み、学校へ通う兄弟。兄はおじいさんの所に。弟は学校の寮で暮らしています。
お父さんはたまに街に来て、子供達と短い時間を過ごします。
そんな中、夏休みになったら身体を壊したお母さんに会いに行こう、とおじいさんが提案します。そして、二人はケンカしつつもお母さんに会いにラクダに乗って旅に出るのです。

とにかく、放牧しているはずのお父さんを探すため、河を探してながらひたすら西へ向かうのです。

兄弟姉妹というのは、普段は仲が悪いことも多いでしょう。でも、二人ボッチの旅はケンカしつつもなんとなく二人を一緒に動かざる得ない雰囲気にします。
ラクダが見つけてくれた幼いころの自分たちの育った放牧地の変わり果てた姿も、途中での大ゲンカも、そのあとで出会った僧侶たちの優しさも、すべてが大きな自然に包まれていました。

 

P4020008_2

特に僧侶が兄弟を助けるシーンで、映し出される祁連山脈の清々しさ。その景色が、僧侶の優しさと、兄が垣間見せた弟への愛情が表現されているようでした。
最後、兄が弟へ気遣いを見せ、少し成長した時、ようやくお父さんに出会うのです。
でもそれは、幼い兄弟たちが生きるために成長しなくてはいけない、ということに気が付かされる出来事でした。
お父さんは、できる限りその時を引き延ばしたかったんだなぁ、感じました。

これは私個人の感想ですが、自分達が生きてきた場所こそが最も住み心地のいい場所なんだなぁと、改めて感じました。

兄弟のお父さんもおじいさんも遊牧の民で、それを誇りに思っています。弟も、早くお父さんと放牧に出たいと思っています。
ところが、時代は遊牧の民をじわじわ追いつめるのです。街の方が便利で心地よい空間が提供されるかもしれません。水も食べ物も困りません。
それでも草原で羊と共に生きる生活こそが自分達「本来」の生き方だと。彼らは考えているのです。
いつまでも遊牧の民でいたい、と願うこの親子に時代が無情に押し寄せていく、そんな風に感じました。


ほろ苦いストーリーですが、兄弟とラクダとのちょっとした交流や、弟の心の情景に感動すること間違いないでしょう。

『僕たちの家に帰ろう』公式ホームページはこちら

_


__2


題名:
「僕たちの家(うち)に帰ろう」
公開:8月29日(土) シアター・イメージフォーラム他全国順次ロードショー
写真コピーライト:(C)2014 LAUREL FILMS COMPANY LIMITED
オフィシャルHP www.magichour.co.jp/uchi/
監督・脚本・編集・美術:リー・ルイジュン
出演:タン・ロン、グオ・ソンタオ、バイ・ウェンシン、グオ・ジェンミン、マ・シンチュン
配給・宣伝:マジックアワー
2014年/中国/103分/カラ―/デジタル/1:1.85/テュルク語、北京語
原題:家在水草豐茂的地方
英題:River Road
第27回東京国際映画祭コンペティション部門上映タイトル『遥かなる家』

| | コメント (0)

2015年3月13日 (金)

意外?大自然と野生動物の宝庫、スリランカとインド

今週末15日(日)21時からNHKで放送予定の
hot spots 最後の楽園 season2の第6回
『太古の動物 奇跡の楽園~インドとスリランカ』。

ゴンドワナ大陸から分離してユーラシア大陸に合体した
インド亜大陸の壮大な旅と歴史が育んだ
ユニークな生き物達が紹介されるようです。

スリランカツアー、スリランカ旅行

スリランカやインドと野生動物のイメージがなかなか結びつかない
という方もいらっしゃるかも知れません。
しかし、インド洋からヒマラヤ山脈までにわたる広大な国土には
様々な自然環境とそれに適応した生き物達も暮らしています。

インドもスリランカも、多くの国立公園や、ユネスコの世界自然遺産があります。
写真は、スリランカのヤーラ国立公園。
先月訪れたツアーは、幸運にもヒョウに遭遇!
眠たげな背中…の撮影に成功しました。

これからのスリランカやインドは緑が増え
瑞々しい自然の美しさをお楽しみいただけます。

先日発表しました夏のインド・ネパールに続き、
夏のスリランカ各ツアーも発表しております。

ユーラシア旅行社で行くスリランカツアーの魅力はこちら
ユーラシア旅行社で行くインドツアーの魅力はこちら

NHK hot spots 最後の楽園 season2 番組公式ホームページ

| | コメント (0)

より以前の記事一覧