ユーラシア旅行社が世界の歴史を語る

2015年10月22日 (木)

今に息づくヨーロッパの歴史

10月もいつの間にか終わりそうですね…。

本日、クルーズ説明会も無事終了し、ホッとしました。
2016年も船の旅を宜しくお願い致します。

と。。。これでおわってしまうのもあれですので、先日帰国したばかりのツアー関連のお話しをします。

先日、ドイツに添乗に出ましたが、なんとレーゲンスブルクへ訪れることが出来ました。

実は、わたし、ここが好きなのです。ドイツの歴史で必ず出てくる重要な都市であったことも、歴史好きにはポイントが高いのですが、それだけではありません。では何故かというと、現代ヨーロッパのセレブ一家、タクシス城があるからです。
日本のとある漫画の舞台にもなったこのお城は、もとは修道院だったとか。
今回は自由時間にお客様と共に中へ潜入してまいりました。

中は写真撮影はできませんが、お洒落で華やかな空間でした。
そして・・・ひろい!
お部屋数は非公式ですがバッキンガムより多いのだそう!

213


なるほど。。。。広い。。。

このタクシス家は郵便事業で発展した超!お金持ちです。
詳しくは下記をご参照くださいね。
http://eurasia-blog.cocolog-nifty.com/cruise/2010/12/post-d8dc.html
郵便事業で発展し、その後その事業を国へ売り、多くの事業を手掛けて成功したタクシス家は20世紀から21世紀の情報化のはしりと言っても過言ではありません。
郵便事業の整備によって、様々なものが発展していったヨーロッパ。
その郵便事業を手がけたタクシス家はヨーロッパになくてはならない存在なのです。(齋藤晃子)

| | コメント (0)

2015年8月 6日 (木)

悠久の大地、エジプトに捧ぐ?

毎日の暑さに体が溶けてしまいそうです。

それでも8月は夏休みの月ですので、つい浮かれてしまい、私も土日に観劇なんぞへ行ってまいりました。

タイトルと、上記の文章で、どこへ行ったかピン!ときた方。

次回お会いした時に熱く語りましょう。

…というわけで、私が観劇に行った場所は「東京宝塚劇場」です。
演目はこちら↓

三井住友VISAカード シアター
グランド・ロマンス

『王家に捧ぐ歌』
-オペラ「アイーダ」より-
脚本・演出/木村 信司
http://kageki.hankyu.co.jp/revue/2015/aida/

そう、かの有名なイタリア・オペラの巨匠ともいえるジュゼッペ・ヴェルディの大作『アイーダ』が原作です。

内容は(たぶん)オペラのアイーダよりも分かりやすく、
最初からアイーダがエチオピアの王女であることが前面に出てきます。
そして、とにかく、ラダメスが素敵です。
素敵すぎます。
気が付いたらあっという間にフィナーレでした。

舞台の話をすると、止まらなくなりますので、自重するとして、
やっぱり、こういう舞台を見ていると、どうしても思い出すのがエジプトですね。

Cimg3158

舞台が古代エジプトということで、衣装も華やかでしたが、「エチオピアへ帰りたい」と嘆くアイーダ達エチオピア人は、エジプトの南、ヌビア(今のスーダン)をさらに南下場所で、古代から高い文明を誇っていました。

古代エジプトの壁画にも多くの戦争捕虜が描かれています。これだけの捕虜たちがエジプトへ繁栄をもたらしたのだ、とファラオを称えているのです。

Cimg3152



エジプトは「アラブの春」を経て、いろいろ有りますが、エジプト観光の大目玉と言えるルクソールは危険情報も落ち着き、ツアーでのご案内が可能となっております。

イスラム教国家だから心配との声もありますが、ユーラシア旅行社の団体旅行ではガイドさんの他にツーリストポリスと呼ばれる護衛さんもつきます。
何よりも、人々が古代エジプトの高い文明に対しての敬意と誇りを大切にしている国でもあります。

「アラブの春」の後に私が訪れた時にもガイドさんは、カイロでデモが盛り上がった時に、
興奮した人たちが国立考古学博物館へ立ち入らないように、ガイド仲間とスクラムを組んで、貴重な古代からの財産を守ったのだ、と誇らしげに話していました。

入社してから何度となく添乗で訪れたエジプトですが、いつ訪れても偉大なるファラオの残した遺産は変わらぬ表情で私たちを迎え入れてくれます。

これも、現地の人達ががんばって管理してくれているからなのでしょう。

Cimg3151

というわけで、夏ですが、アツーイ観劇を楽しんできました!

ナイル河クルーズとエジプト・ハイライト 8日間


まぁ様、素敵でしたよ…。

| | コメント (0)

2015年7月21日 (火)

自然が作ったコース…ゴルフの聖地セント・アンドリュース

3連休は梅雨が明けて暑い日が続きましたが、皆様、楽しまれましたか?

私は海の日とは無縁で、観劇と全英オープンで終わってしましました。
というか、たまたまつけっぱなしにしていたテレビを消そうとしたら、なんだかすごい強風の中ゴルフをしているではありませんか。

しかも、なんか見たことあるぞ?このコース…とおもい改めて番組内容をみたら、「全英オープンゴルフ セント・アンドリュース LIVE」とあるではないですか!

セント・アンドリュース…そう、そういえばここ、ユーラシアのツアーで訪れた時、オールドコース内を歩きましたよ!
ゴルフの聖地と呼ばれ、特にオールドコースは設計者は「自然」といわれる、世界で最も古いゴルフ場。その歴史は14世紀までさかのぼれるんだとか。

草深いところもあれば、コース内に川と橋がある。そして、なんだかすごーく深いバンカーやら、よく見るとホテルまである。一見整備されていないかのようなオールドコース。

Photo

でも、だからこそ、プレイヤーの真の実力が試される場所ともいえます。
絶えず方向が変化する強風。目の読みにくいホール…。プレイヤーは緻密な計算とチャンスを待つ忍耐と、長時間プレーする集中力と体力が必要になります。

セント・アンドリュースは湾のそばのため、とにかく海風が冷たくて、しかも風向きがよく変わります。ので、スコットランドへ行かれる方は、夏でもウィンドブレーカーは必須です。
その中をゴルフしてホールを回るんですから、解説の方も大興奮でした。簡単なルールしか知らない私も、手に汗握る瞬間がたくさんありました。

外国のアマチュアの選手も、日本選手の頑張りもすごく(まぁ、1名以外は予選落ちで残念でしたが)ゴルフの楽しさに触れることが出来てよかったです。

実は、ゴルフ場の近くには14世紀、まさにゴルフがスコットランドで人気だったころに建造が始まり今や廃墟となったセント・アンドリュース大聖堂跡があります。そちらには「近代ゴルフの祖」と称されたトム・モリスのお墓があります。

Photo_2

次回の全英オープンがセント・アンドリュースで開催されるのは5年後。
それまでに、プレーをするのはなかなか困難ですが、その場に訪れて、あの寒さと湾からの強風を感じてみたら、きっとあらゆるプレイヤーから目が離せれなくなるでしょう。

今年の全英オープン 結果

セント・アンドリュースへご案内するツアーはこちら
英国物語
15日間 WE15

| | コメント (0)

2015年7月 2日 (木)

モロッコの魅力が味わえるドラマ

私はあまりドラマを見ないのですが、実はNHKで放映される外国のドラマは比較的高確率で見ています。

最近まで『ダウントン・アビー 華麗なる英国貴族の館』をちょこちょこみていました。
ヨーロッパは昨年2014年が、第一次大戦開始100年、ということもあり、20世紀初頭をモチーフとした小説やドラマがその前後の年にかなりブームになった様です。

英国では関心が高いのか、19世紀から20世紀にかけてのある家族の歴史を追った小説もかなりでています。こういう小説ですと、歴史的背景とか文化や価値観の変化が少しづつ起きていたことを登場人物を介して実感できますので、面白いです。

ということで、満を持して?NHKへやってきたのはスペインのドラマです。
『情熱のシーラ』
これ、原題は〝EL TIEMPO ENTRE COSTURAS″と言います。意味は「縫う時間」。

20世紀初頭から半ばにかけて、スペイン内戦と第二次大戦の頃にひょんなことからお針子をしつつ、スパイをすることになった女性シーラの物語です。
個人的には原題をオシャレに訳してほしかったんですが、ドラマはオシャレな当時のファッションも楽しみつつ、日本人になじみのないスペイン内戦期から中立国であった第二次大戦頃までを知ることが出来る歴史ドラマです。

内戦の記憶はスペイン人にとっては本当に負の遺産と言っても過言ではなく、そこで起きた悲劇的な出来事に関して、いろんな人が口をつぐんできました。内戦に至った理由も、日本人にはいまいちわかりにくいかもしれませんが、当時の共和政府に対し、このままではスペインの伝統(文化とか信仰とか)というものが、無くされてしまうのでは…という考えがあったのかもしれません。同じ国で街で村で、時には親族同士で、その考えの違いが殺し合いに発展してしまい、最終的には共和政府が半ば自滅する形で、反乱軍のフランコ将軍が政権を握ったのですね。
しかし、フランコが亡くなり、彼の下で養育されていた前国王フアン・カルロス1世によって王政が復活し、時がたち、新しくフェリペ6世が即位されて、少しづつ明らかにされてきた内戦での出来事をようやくスペインの人達も冷静に受け止められるようになってきたのかもしれません。

21世紀になり、小説や映画の題材として以上に、学者たちの中で研究が進み、明らかになったことも多いようです。
そうしたことが、今度はドラマや小説に還元されてきているのかもしれません。
因みにドラマは激動の20世紀半ばを舞台に物語が進んでいくので、退屈しません。


さて、物語の最初の舞台はマドリードから。その後、主人公がひとめぼれした男性とやってきたモロッコへ移ります。
当時はスペインの保護領でした。
ふたりは高級ホテルに泊まり遊びまくります。
しかし、その後色々あって主人公のシーラは文無しどころか、借金を抱えることになります。ひとめぼれし、一緒にモロッコまできた恋人も失った主人公はティトゥアンの下宿に身を寄せます。

この当たりから主人公はなんだか危険な世界に引きずり込まれてゆきます。
おりしも1936年前後、つまりスペインで二つの政治的な対立の緊張が高まり、いつ内戦になってもおかしくない時期でした。

意外に知られていないかもしれませんが、内戦はスペインモロッコ駐留軍が進撃を開始したのが始まりといわれています。というわけで、シーラはそんな緊張感一杯のモロッコを舞台に活躍します。

Photo

まずはティトアン。当時はスペイン保護領でしたが、恋人に逃げられたシーラがお針子としてデビューし、様々な人と交流していきます。
歴史上の人物とのかかわり、モロッコの街中を行き交う民族衣装のジュラバの男たち。
モロッコへ一度でも訪れた事のある人なら、その街並みを懐かしく思うことでしょう。

これから物語が佳境に入ります。スペイン内戦の後、第二次大戦が勃発するとスペインは中立国になります。そのため、当時敵対していた英仏とイタリア・ナチスドイツの将校が集い熾烈な情報合戦が繰り広げられるのです。




物語の後半にはカサブランカも舞台として登場します。
そして、あの!映画『カサブランカ』の舞台となったカフェも出てきます。

Photo

世間知らずのたんなるお針子だったシーラが、スパイとして成長した姿が見られることでしょう。
因みにユーラシア旅行社のモロッコツアーでもこのカフェにご案内してますよ~。(齋藤晃)
ドラマはNHKです。

| | コメント (0)

2013年2月26日 (火)

古代ローマ帝国の栄華繁栄

2月24日に放送されたTBS「THE世界遺産 大ローマ帝国Ⅱ」はご覧になりましたでしょうか?
イタリア半島の小国であったローマ帝国が、領土を拡大し続け2世紀には地中海を丸ごと支配するほどの大国へと栄えていった様子が紹介されていました。Photo_3

続きを読む "古代ローマ帝国の栄華繁栄"

| | コメント (0)

2012年11月20日 (火)

「古代エジプト文明への誘い」を開催しました!

Egypt 先日、池袋のサンシャインシティにて、「古代エジプト文明への誘い」を開催しました。
東京は日に日に寒くなってきましたが、エジプトは暑さの和らぐこれからがまさにベストシーズンです。
当日は、古代オリエント博物館の研究員の方から、“神秘と謎に包まれた古代エジプト”をテーマに、エジプトの歴史や見どころについて、お話し頂きました。

エジプトといえば、まず思い浮かぶのは、ピラミッドではないでしょうか。
ピラミッドは紀元前2500年頃の古王国時代に多く造営されました。
ギザの三大ピラミッド(クフ王、カフラー王、メンカウラー王)の巨大な四角錐の形が有名ですが、実は他にも様々な形のピラミッドが残っています。

続きを読む "「古代エジプト文明への誘い」を開催しました!"

| | コメント (0)

2012年9月25日 (火)

女王の階段井戸 アダラジ・ヴァヴ(インド)

先週の金曜日に放送された古代ミステリーたけしの新・世界七不思議7前哨戦SPをご覧になりましたでしょうか。
今回の放送ではヨルダンの「ペトラ」、インドの階段井戸「アダラジ・ヴァヴ」を新候補に、そして過去の放送で選にもれたペルーのマチュピチュ、イースター島のモアイ、ローマのコロッセオの計5か所が来年正月の7番目の新・世界七不思議を決める放送にエントリーできる権利をかけて激突するというものでした。
そして、お正月に放送される本選に見事進出したのは、「アダラジ・ヴァヴ」です。Photo

続きを読む "女王の階段井戸 アダラジ・ヴァヴ(インド)"

| | コメント (0)

2012年5月 1日 (火)

鮭缶新発見

昨日4月30日は振り替え休日でお休み。(ちなみに外国では振り替え休日というのは無いSake1_2 うだ。どこか日本以外にある国があったら教えて!)
家族(私実は妻子持ち)は実家へ行ってしまったので、久しぶりのんびりとした一日。のん びり起きてコーヒー飲んで一人ゆっくり食事。こういう日はなぜか保存食に目が行く。我が家の缶詰ストックをあさることにする。実は私は缶詰が大好き。何よりも腐らない。最近の缶詰は賞味期限なんてものが書いてあるようだが、あくまでも「賞味」起源。どこかで聞いた話では缶詰は半永久的に保存が可能らしい。(責任は持ちません。あくまでも自己責任で。)
Sake2 蟹缶は去年のクリスマスに食べてしまったし、さんまやいわしは今日はパスしてと。ごそごそしていたら、お宝発見「鮭缶」。いつぞか貰ったもの。その辺の安物じゃなくて、金色の缶に入った高級品。ちょうど賞味期限も過ぎているのであとで責められても「だって賞味期限過ぎてたんだもん。」と言い訳も聞く。今日は贅沢にも鮭缶1缶丸ごと食べてしまおう。これさえあれば、あとは醤油をちょっとつけて。マヨネーズも美味しいかな。

続きを読む "鮭缶新発見"

| | コメント (0)

2012年4月19日 (木)

タイタニックゆかりの地

Dscf0128 最近、3Dでの映画のリバイバルが多いですね。
『STAR WARS エピソードⅠ/ファントム・メナス 3D』や、『貞子3D』(スクリーンから貞子が出てくるらしい・・・恐い!)など、楽しそうな作品です。
いっせいを風靡した『タイタニック3D』も、先日公開され話題を呼んでいます。
私は当時学生でしたが、2回観に行きました。
この『タイタニック』はご存知の通り、処女航海中に沈没した実在のイギリスの豪華客船に基づいて映画化されました。
沈没からちょうど100年にあたる今年4月15日には、沈没現場近くの船上で追悼式典も行われましたね。

続きを読む "タイタニックゆかりの地"

| | コメント (0)

2011年12月28日 (水)

アコー(イスラエル)

Acre1 先日十字軍と戦ったアラブの英雄サラディンについて紹介したが、今回は十字軍の重要な拠点であったアコー(アッコン)に触れてみたい。

現在のイスラエルは聖書ゆかりのエルサレム、ベツレヘムやガリラヤ湖、ユダヤ人達が玉砕したマサダの要塞、そして死海が有名だが、歴史的にはアコーも決して見逃せない都市だ。

続きを読む "アコー(イスラエル)"

| | コメント (0)

より以前の記事一覧