« 1/31(木)の日記 | トップページ | 添乗出発前 »

2008年2月 5日 (火)

マイレージのすすめ

こんにちは。マイレージ・ナビゲーターの関口です。仕事柄海外へ頻繁に添乗へ、そして日々の問合せでもマイレージのお問合せは少なくありません。そこで今日はマイレージに関してのお話をしたいと思います。

一般に言われるマイレージとは、基本的に実際飛行したマイル数がいわゆるポイントとして溜まり、溜まったポイントは無料航空券や、各種景品などに交換出来る仕組みの事で、単純にはスーパーのポイントカードと同じ。

そこで大きく違う点は二つ!
【1】アライアンス(提携)の存在
【2】ポイントの価値

【1】アライアンス(提携)の存在
必ずしも一社だけの航空会社を限定利用する必要はない。各社がそれぞれの提携航空会社を持っている。世界中に航空会社は数え切れないほどあるが、その提携グループ(アライアンス)ごとに別けると3大アライアンスと他航空会社と言った具合に4グループに分類できる。なのでその3大アライアンスのカードはそれぞれ一枚ずつ所持されることをお勧めします。3大アライアンスの内の一つスカイチームを例に挙げよう。皆様ご存知のKLMオランダ、エールフランス、アリタリア、ノースウェスト、デルタ、コンチネンタル、大韓航空、アエロフロート、アエロメキシコなど・・・こういった航空会社が一つのアライアンスを組んでいる。どこのマイレージカードを持っても、このアライアンス内のどこのフライトでもマイレージを溜めることが出来る。「それじゃぁどこでも適当に一枚作っとけばいいやっ!」っと思うと大間違い!!ここが、皆様を悩ませる要因でもある。それぞれのマイレージカードには有効期限や、各フライトに対する獲得マイレージのパーセンテージなどがそれぞれ違う。つまり、あるカードではポイントが効率良く溜まるだけでなく有効期限もないので一生そのポイントを使うことが出来る。一方あるカードでは一つのフライトに対して25%や50%のマイルしか溜めることが出来ないどころか、有効期限も3年間しかない。こういった違いから、一つのカードを選び出すためには慎重な検討が必要となる。

【2】ポイントの価値
「ただのポイントカードでしょ。」っなんて思われてしまうと残念。景品の大きさが違う!スーパーや、美容院などにあるが、行っても行っても溜まらない・・・。やっと溜まったら景品は500円程度。毎回通ったガソリンスタンドで溜まったと思いきや中途半端な手洗いを含むあくまでもマシーン洗車。その反面、マイレージは溜まるし、溜まるとでかい!例えばあるマイレージカードに登録し、ロンドンへ2回往復したとすると、ほぼそれだけで日本国内線の往復航空券を獲得出来る。北は北海道、南は沖縄までどこでもどうぞ。有効期限が無ければ、一生の内にそのアライアンス内の航空会社でヨーロッパへ約2回、国内線チケットが手に入ってしまう。添乗員の様に頻繁に飛行機に乗ると、エリートといわれる上級会員へと昇格し、獲得マイレージも1.5倍、2倍、それ以上と跳ね上がってくるからこのチャンスを逃すわけにはいかない。

日々変化し続ける提携メンバー、マイレージ獲得のパーセンテージ、利用する航空会社、考えなければならないことは沢山あります。そんな数々の条件を考慮し、それぞれが自分にあったカードを選んでいます。今はインターネットや、本で、お勧めマイレージカードなどが紹介されています。来週は、私の個人的なお勧めをご紹介!

(※当社のご旅行を利用の場合、一般的なマイレージのご案内はさせて頂きますが、諸手続きはお客様ご自身にお願いさせて頂いております。)

|

« 1/31(木)の日記 | トップページ | 添乗出発前 »

テーマ:添乗徒然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 1/31(木)の日記 | トップページ | 添乗出発前 »