« 些少ながら | トップページ | 査証の続き »

2008年2月22日 (金)

ヴァイオリンの町

Cremona_comunale イタリアを訪問するなら、小さな町を巡るのが好きな方も多いのではないでしょうか。
一昨年、「中北部イタリア珠玉の美都を巡る」というツアーの添乗に行き、小さな町々をめぐりました。その中で、私が気に入った町はクレモナです。クレモナはクラッシック音楽ファンならば、誰もが知るヴァイオリンの名器ストラディバリを生んだ町です。

町の中心のコムーネ広場に面してコムーネ宮が建ち、その中にはストラディバリ、アマーティ、グアルネリの名器が勢ぞろいで展示されています。程近くの講演の片隅には石碑があります。銘を読むと「STRADIVARI」と彫られています。そう、あのストラディバリのお墓です。裏路地を歩くと、楽器工房を見かけます。案内してくれるガイドさんが、通りすがりの男性に挨拶をしました。オーバーオールを着た男性はヴァイオリン職人なのだそうです。チョコレート店を覗くと、ヴァイオリン型のチョコレートが売られていました。クレモナの町では、そこかしこで「ヴァイオリン」を感じます。音楽が流れていなくても、頭の中で、味わい深いヴァイオリンの音色が聴こえてくるような滞在を楽しみました。

クラッシック好きでなくても、こんなイタリアの小さな町を感じてみる手はいかがでしょうか?
(斉藤)

|

« 些少ながら | トップページ | 査証の続き »

国:イタリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 些少ながら | トップページ | 査証の続き »