« 美味しいマロッキーノ | トップページ | パンフレット完成しました! »

2008年8月27日 (水)

カルネ・デ・ポルコ・ア・アレンテジャーナ

Carne_de_porco_a_alentejana 世の中には想像を越えた意外な食材の組み合わせがあります。

「スイカと塩」や「酢豚とパイナップル」など最初は聞いただけで、「ゲエーッッ。」激しく拒否反応を示してみたり、「こんな組み合わせを考えた人の気が知れない。」とかブツブツ文句を言いながら、実際に食べてみると意外といけるコンビがあります。私は以前ポルトガルで意外なコンビに遭遇しました。それは・・・、

「豚肉とアサリ」

でありました。しかもツアー中に名物料理として登場したのです。

ツアーご参加の皆様の予定表には「カルネ・デ・ポルコ・ア・アレンテジャーナ(豚肉とアサリのアレンテージョ風)」という料理名しか書かれていないので料理の内容は誰も知りません。「アサリと豚肉の炒め物です。」と案内した途端、皆一応に顔を歪ませながら、「エエーッ!豚肉とアサリ!??」とある人は驚き、ある人は予想外の展開に嘆き悲しみ、半ば困惑し、果ては怒り出す人も人もでてきました。(そんな人いないか)ユーラシア旅行社の昼食テーブルは大混乱に陥りました。
そんな中で恐る恐る食べて見ると、アレッ??

意外とおいしい。

口の中でそれぞれが混ざりあっておいしくなるというよりも同じお皿の豚肉とアサリを交互に食べながら、それぞれの良さを味わうといった感じです。実はアレンテージョ地方は豚の名産地。地元のどんぐりを食べてスペインのイベリコ豚にも負けない美味しい豚が育ちます。名産の豚と海の幸の見事なコラボレーションでありました。

ポルトガル人の自由な発想と大胆な実行力には感心しきりです。それにしても、最初に豚肉とアサリの組み合わせにチャレンジした人は凄い!
本当に料理って奥が深いですね。(上田晴一)

ポルトガルのツアーはこちら

|

« 美味しいマロッキーノ | トップページ | パンフレット完成しました! »

国:ポルトガル」カテゴリの記事

テーマ:忘れられない味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 美味しいマロッキーノ | トップページ | パンフレット完成しました! »