« 金の鳩亭(フランス/サン・ポール・ド・ヴァンス) | トップページ | テカポのサーモン丼(ニュージーランド) »

2008年8月19日 (火)

アルバの一杯

Piemonte_vineyards 「天使(ANGELO)」「ライオン(LEONE)」「雄牛(BOVINI)」「鷲(AQUIA)」ヨーロッパの教会を訪れると一度は目にするキリスト教福音書記官のエンブレム。この聖なる象徴の頭文字をその名前に戴いた町、ピエモンテ州のアルバ(ALBA)はまさしく神の食卓にふさわしい食材溢れる美食の里です。私の「忘れられない味」はイタリア北西部のこの小さな町から。

アルバを中心に広がるランゲとロエーロの二つの丘はかの有名なワインの王バローロやバルバレスコに使われる「孤高の葡萄」ネッビオーロ種の名産地で、他にも多くのDOCG(イタリアの等級の中で最高の等級)を生み出すワインの聖地。

さらに、遥か地平まで豊かに広がるブドウ畑の合間、高く葉を揺らすポプラや樫の木の並木の下に隠れているのが「森のダイヤモンド」白トリュフです!そういうわけで秋のアルバはとにかくおいしい季節。町の中に溢れる小さなレストランはどこも大賑わい。前菜は旬の白トリュフとポルチーニ茸をふんだんに使ったリゾットがお勧め(ピエモンテ州はお米の名産地でもあります)。口の中に広がる濃厚な秋の風味にびっくりです。食事のお供のワインはもちろんピエモンテワインがぴったり。最後は焼きたてのアルバ名物ヘーゼルナッツケーキで締めくくります。料理の余韻を程好く残してくれる甘さ控えめの香ばしい味。最後までこっそり行き届いたこだわりに、思わず笑みがこぼれるのがアルバの幸福な食卓です。(宮澤詩帆)

ピエモンテを訪れるツアーはこちらから
(設定は通常6~11月です)

|

« 金の鳩亭(フランス/サン・ポール・ド・ヴァンス) | トップページ | テカポのサーモン丼(ニュージーランド) »

国:イタリア」カテゴリの記事

テーマ:忘れられない味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 金の鳩亭(フランス/サン・ポール・ド・ヴァンス) | トップページ | テカポのサーモン丼(ニュージーランド) »