« パンフレット完成しました! | トップページ | マウント・クック/ハーミテッジのエドモンド・ヒラリーセンター »

2008年9月10日 (水)

スローフード、スローライフ

Parma_agriturismo 新しいイタリアのパンフレットが完成しました。基本的に新しいツアーはありませんが、既存のツアーをよりお楽しみ頂く為に、今年の年末以降のツアーでは全てのツアーでアグリツーリズモ(または農場レストラン)でのお食事をご用意させて頂きます。実際今までのツアーで限定的にご案内していた際にすごくお客様から大変ご好評頂いておりました。イタリアの旅の目玉の一つとして、是非お楽しみ頂きたいと存じます。

そこで、ご存知の方も多いかと存じますが、今回はアグリツーリズモやスローライフについてご紹介させて頂きます。

1980年代、イタリアにおいて、主に米国系の国際的なファストフードチェーンが大規模に出店し、若者がファストフードになびき始めました。そして、イタリアの伝統的な食生活は危機に晒されたのです。しかし、古き良き食文化は生活の礎という考えのもと、その食文化を守る為に1986年北西部のピエモンテ州において、提唱されたのがスローフード運動です。当初は数箇所の村のみが参加する小さな運動でしたが、イタリア国内でも徐々に広まり、定着していきます。多くの賛同を集めたこのキャンペーンはさらに国境を越えて世界的に広まり、今では日本でも時折聞かれるようになりました。また、今現在スローフードは、食の域を超えて生活全般にその精神が引き継がれ、新たにスローライフという概念も広まりつつあります。このスローフードやスローライフ普及の旗手の一つが、農家と観光が結びついたアグリツーリズモです。有機栽培したものを中心に、地元で取れる食材を用い、時間がかかっても昔ながらの調理法でじっくりと準備された料理は、どんな名門レストランよりもおいしいかもしれません。前述の通り、今までのツアーにご参加されたお客様にも大変ご好評頂いております。

ツアーでは限られた日数で様々なみどころも巡るので、スローな旅行は難しいですが、イタリアを知る上で欠かせない、スローフードを体験して頂く機会として、イタリアを訪れる全てのツアーにおいて、アグリツーリズモ(または農場のレストラン)での食事を一度ご用意させて頂きました。ユーラシアならではの観光と合わせて、この機会もお楽しみ下さい。(福永智之)
(※一部ツアーでは、日程の都合上ご案内がございません。詳しくは、日程表にてご確認下さい。また、ツアーによっては、正式にアグリツーリズモではない、一般の農場のレストランにご案内する場合もあります。)

イタリアのツアーはこちらから
添乗見聞録「アグリツーリズモのすすめ」はこちら

|

« パンフレット完成しました! | トップページ | マウント・クック/ハーミテッジのエドモンド・ヒラリーセンター »

国:イタリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« パンフレット完成しました! | トップページ | マウント・クック/ハーミテッジのエドモンド・ヒラリーセンター »