« 一人参加応援キャンペーン! | トップページ | フィレンツェのヴィラ・メディチ・ホテル »

2009年2月 6日 (金)

メリダ(スペイン)

Merida_theater ポルトガルと接するスペインの西方の州にエストレマドゥーラ州という州があります。あまり大きな町はない州なので、実際にスペインをツアーで訪れても一歩も足を踏み入れない事も少なくありません。しかし、一通りハイライトだけではないスペインを味わって頂くのに最適の場所の一つでもあります。

このエストレマドゥーラ州の州都がメリダです。メリダはスペインの中でも最も古い町のひとつであり、ローマ帝国の時代には、イベリア半島において東西南北の道が交差する非常に重要な立地を占めていました。そして今日でもイベリア半島で最もローマ時代の遺構がよく残っている場所でもあります。

メリダはアウグストゥス帝の時代に現在のポルトガルとスペイン西部のエストレマドゥーラ州を含む属州ルシタニア州の州都に定められ、現在見られるローマ建築はその時代に造られた物が多いです。特に保存状態の良い劇場は、二千年の時を越えて、夏場は今でも現役で活躍しています。

Merida_aquaduct 町の少し外れには水道橋も残っています。同じスペインのセゴビアの水道橋には見劣りしますが、メリダの水道橋はあまり手入れされずに自然の中に立っているので、むしろこちらの方が歴史を感じさせてくれたりします。この町はかつて銀の道と呼ばれたセビリヤから北の海岸線に面していたヒホンまでを結ぶ道の重要な中継都市でもあったので、往時は多くの人がこの水道橋をくぐったのではないかと思いを馳せてしまいます。

Merida_parador_exterior かつてローマ時代の神殿が建っていた場所に18世紀、修道院が建てられました。何度か用途を変えてこの建物は今日にパラドールとして残っています。パラドールはスペイン特有の制度で、歴史的な建造物をホテルに改装して運営したり、新たに景勝地の中にホテルを建造して観光客を迎えています。ユーラシアの旅でも様々なツアーでスペイン各地の特色あるパラドール宿泊をご用意しています。メリダのパラドールもツアーによっては泊まれるチャンスもあるのですが、趣ある外観と優美な内装が宿泊客を楽しませてくれます。

メリダの周辺には、ピサロの故郷トゥルヒージョや奇跡の地グアダルーペ、特色ある建築が並ぶ世界遺産カサレスなどのみどころもあります。一般的にはなかなか立ち寄らないエストレマドゥーラですが、ぜひ足を運んでみて下さい。(福永)

スペインのツアーはこちらから

|

« 一人参加応援キャンペーン! | トップページ | フィレンツェのヴィラ・メディチ・ホテル »

国:スペイン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 一人参加応援キャンペーン! | トップページ | フィレンツェのヴィラ・メディチ・ホテル »