« ケアンズ、ホバートのコアラ(オーストラリア) | トップページ | 今ローマとヴァチカンが熱い? »

2009年5月 7日 (木)

ニュージーランド航空のワンランク上の旅

Ppelegro ニュージーランド航空はサービスに定評がある航空会社として知られています。この航空会社が中でも力を入れているのが、上級エコノミーとビジネスクラスの席です。

上級エコノミーは、英国のブリティッシュ・エアウェイズが導入して以来、じわじわと各航空会社の中で広まりつつある一般のエコノミー席よりゆとりがあるお座席です。ニュージーランド航空では、「パシフィック・プレミアム」という名称で呼ばれ、通常のエコノミーのお座席より座席間の幅は約10~15cm広くなり、フットレストがついています。そして何よりもいいのが機内食です。

通常上級エコノミーのお食事と言えば普通のエコノミーと同じ食事ですが、ニュージーランド航空では、ビジネスクラスに準じた食事が提供されます。これまでは便によっては設定がなかったりしましたが、7月以降は日本線でも座席が増え、利用しやすくなります。この増席で当社でもキャンペーン料金の特別企画を設定させて頂きました。上級エコノミー利用のツアーとしては、かなりリーズナブルな価格なので是非お試し下さい!

[ニュージーランド航空の上級エコノミークラス利用キャンペーン企画]
ニュージーランド・ハイライト 8日間

Bpbedmal また上級エコノミーと合わせて、ニュージーランド航空はビジネスクラスも魅力です。座席は180度倒れるフルフラット方式を採用しており、両側にしきりがあるのでプライベートな空間でフライトをお楽しみ頂けるでしょう。ちょっと面白いのは、席が独自の形態で並んでいるので、離着陸時にもフルフラットのままで利用ができます。どの席も通路に面していますので、出入りも楽です。もちろんエンターテイメントやお食事も充実していますが、ゆとりの座席でゆったり休むのが一番の過し方でしょう。この度上級エコノミー同様、ビジネスクラスのお座席もキャンペーン料金でご利用頂ける特別企画を発表しました。先日屋久島の縄文杉と姉妹木協定を結んだカウリの大木「タネ・マフタ」やトンガリロ国立公園がある北島を巡る日程なので、一度ニュージーランドを訪れた事がある方でもお楽しみ頂ける内容です。自然に囲まれたエコ・ロッジやワイナリー・ホテルなど宿泊も充実しています。(福永)

【ニュージーランド航空ビジネスクラス利用】
ニュージーランド北島の休日 8日間

|

« ケアンズ、ホバートのコアラ(オーストラリア) | トップページ | 今ローマとヴァチカンが熱い? »

国:ニュージーランド」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ケアンズ、ホバートのコアラ(オーストラリア) | トップページ | 今ローマとヴァチカンが熱い? »