« シチリアの象徴トリナクリア | トップページ | クエンカ(スペイン) »

2009年8月14日 (金)

オタゴ半島のキガシラペンギン(ニュージーランド)

Duneden_penguin ニュージーランド南島の南部にダニーデンという町があります。このダニーデンは、スコットランド人の入植者が多く、ネオ・ゴシックの建築が並ぶ町並みは「南半球のエジンバラ」と呼ばれるほどです。そのダニーデンから少し車で走ると、オタゴ半島という小さな半島があります。このオタゴ半島は野生動物の楽園で、特にニュージーランドの固有種キガシラペンギンの営巣地として知られています。

キガシラペンギンはその名の通り、頭の一部が黄色なので日本ではこのような名前で呼ばれています。ペンギンと言うと海辺に住んでいるイメージが強いのですが、このキガシラペンギンはもともとは森に住むペンギンです。

しかし、人間、そしてその人間が連れてきた外来動物がニュージーランドにやってくると、キガシラペンギンの個体数が激減してしまい、今では絶滅の危機に瀕した種として厳重に保護されています。

Duneden_penguin3 オタゴ半島にあるペンギンプレイスは、国内最大級のキガシラペンギン保護センターで、実際に貴重なキガシラペンギンの姿を見学する事が出来ます。ただ、動物園のような見学方法は繊細なペンギンにストレスを与えてしまう為、壕のような通路を縫って見に行くのでちょっとわくわくします。大きな声を出してはいけません。目的の観測地に着くと、ガイドさんがまずペンギンを探します。たまに探すのに時間がかかる場合もありますが、ガイドさんがペンギンを見つけると、横長の銃眼のような所からペンギンを観測します。個体数が少ない為大きな群れは見られませんが、つかつか草むらの中を歩いていく姿がなかなかに可愛らしいです。歩く速度はそんなに速くないので、少し遠くても写真は撮れるでしょう。

今年のニュージーランドのツアーでは、いくつかのツアーでこのペンギンプレイスの見学を追加させて頂きました。ペンギンプレイスの見学料金はもちろん旅行代金に含まれていますが、その収益はペンギン保護に役立てられています。(福永)

ニュージーランドのツアーはこちらから

|

« シチリアの象徴トリナクリア | トップページ | クエンカ(スペイン) »

国:ニュージーランド」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« シチリアの象徴トリナクリア | トップページ | クエンカ(スペイン) »