« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月

2009年11月27日 (金)

チンチョン(スペイン)

Chinchon マドリッドの南東約50kmのなだらかな丘陵地帯にチンチョンという小さな村があります。人口1万人にも満たないこの小さな町は、中央スペインの隠れた名所です。

この村随一の名所は、スペインでも最も美しい広場の一つに数えられる町の中心にあるマヨール広場です。いびつな形をしたこの広場は、周囲をバルコニー付きの低層建築で囲まれ、中世の雰囲気が色濃く漂うかわいらしい広場です。

続きを読む "チンチョン(スペイン)"

| | コメント (0)

2009年11月24日 (火)

ギリシャフォーラム開催!

Olympia_flowers 野の花々が各地の遺跡を美しく彩る春のギリシャ、深く澄んだ紺碧のエーゲ海が輝いて見える初夏から夏のギリシャ、どちらにも捨てがたい魅力があります。そしてどちらの季節に訪れても各地に刻み込まれている四千年近い歴史と神話との出会いが数多く広がります。一生に一度は行きたい国、それがギリシャでしょう。

今年度もギリシャの研究に従事されている先生をお招きしてギリシャをテーマにしたフォーラム(旅の集い)を催します。今年はギリシャを始めとする地中海文明の学術調査に何度も従事され、古代ギリシャ美術にも造詣が深い中村るい先生をお招きしてその魅力に迫ります。参加は無料でございますので、お気軽にご参加下さい。(福永)

旅の集いの申込はこちら
ギリシャのツアーはこちら(2010年の各ツアーは、2009年12月発表予定)

| | コメント (0)

2009年11月20日 (金)

マルタのバス

Malta_bus3 今日はマルタ島のちょっと変わった名物をご紹介します。それはバスです。マルタ島の中心ヴァレッタから少し外に出ると、マルタ島の名物であるバスが見えるでしょう。概ね下半分がオレンジ、上半分が白、中心に赤のラインが入っているのが基本のデザインです。車体は古めかしくクラシックで、それだけでもなかなか見応えがあるのですが、よーく見てみるとそれぞれのバスが少しづつ違うデザインなのに気が付きます。

このようにデザインが異なる理由は、マルタのバスが持つ特別な背景にあります。

続きを読む "マルタのバス"

| | コメント (0)

2009年11月13日 (金)

フェラーラ(イタリア)

Ferrara_estense 先日教皇が故郷に錦を飾る為に築いたルネサンスの理想都市ピエンツァを紹介しました。この時代イタリアにはいくつかこのような理想都市が誕生し、ウルビーノもその一つです。しかし、規模という意味では当時最大のルネサンスの理想都市とも言えるのがフェラーラです。

フェラーラは現在ではイタリア中部のエミリア・ロマーニャ州に属する都市の一つですが、中世のルネサンス期にはこの一帯の中心都市として名門エステ家のもとで大いに栄えました。この都市が理想都市と呼ばれる所以は、空から眺める事で一目瞭然でしょう。

続きを読む "フェラーラ(イタリア)"

| | コメント (0)

2009年11月10日 (火)

ロンダ(スペイン)

Ronda2 スペイン南部アンダルシア地方にロンダという丘の上に立つ町があります。この町が立つ丘はどちらかと言えば崖に近い部分もあり、先日ご紹介したクエンカに少々似ていますが切り立ったという意味ではこの町の方が上でしょう。旧市街の中でも切り立った崖で町が隔てられている地点があり、そこにかかっているのが左の写真にもある町の象徴ヌエボ橋です。

このヌエボ橋は長さは短いものの、谷から長い橋桁が伸びている様は絵になる風景です。下の写真のようにもう少し角度を変えるともっと絵になります。

続きを読む "ロンダ(スペイン)"

| | コメント (0)

2009年11月 2日 (月)

アテネのアクロポリス博物館

Acropolis_museum2 オリンピック後から部分的に修復を開始し、その後閉館してしまったアテネのアクロポリス博物館が今夏より場所を変えてリニューアルオープンしました。

元々この博物館はアクロポリスの丘から出土し、外には置いておけないものを収めるためにアクロポリスの丘の端っこに立っていました。しかし、近年その老化が激しく、また増える出土物を収めるのに手狭になったアクロポリス博物館は丘の上から、丘の麓に移設したのです。

この博物館の目玉は、パルテノン神殿の破風装飾やエレクティオン神殿のテラモンのオリジナルなどです。

続きを読む "アテネのアクロポリス博物館"

| | コメント (0)

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »