« アテネのアクロポリス博物館 | トップページ | フェラーラ(イタリア) »

2009年11月10日 (火)

ロンダ(スペイン)

Ronda2 スペイン南部アンダルシア地方にロンダという丘の上に立つ町があります。この町が立つ丘はどちらかと言えば崖に近い部分もあり、先日ご紹介したクエンカに少々似ていますが切り立ったという意味ではこの町の方が上でしょう。旧市街の中でも切り立った崖で町が隔てられている地点があり、そこにかかっているのが左の写真にもある町の象徴ヌエボ橋です。

このヌエボ橋は長さは短いものの、谷から長い橋桁が伸びている様は絵になる風景です。下の写真のようにもう少し角度を変えるともっと絵になります。

Ronda この写真の左側の崖の上に一軒の建物が見えるかと思います。これがかつての市庁舎を改装してできたロンダのパラドール(※)です。
(※スペイン独自のシステムで、歴史的施設や建築、或いは自然に囲まれた景勝地にある国営の宿泊施設。地元の素材を生かした料理にも定評があります。)

このパラドールがある場所からの眺めが絶景である事は言うまでもありません。もちろん料理ももちろん好評です。

ロンダは、この崖の上に聳える眺めと共に、もう一つ有名なものがあります。日本でスペインを思い浮かべる時にイメージするものの一つです。想像がつきますか?

Ronda_bullring2 答えは、闘牛場です。実はロンダには、スペインで最も古い闘牛場があるのです。マドリッドやバルセロナの巨大な闘牛場と比べると規模はそれ程大きくありませんが、歴史があるだけになかなか風格を感じさせます。あとあまり関係ありませんが、個人的に外観がなんとなく中国の福建省あたりの客家土楼も彷彿させます。

Ronda_bullring 内部に入ってみると、闘牛場が意外に広い事に驚かされます。ほとんど全てがポルティコ(柱廊)に囲まれています。大規模なスタンドなんかないので、逆に闘牛の原点に触れられた思いになる事でしょう。

白壁の家並みが印象的な旧市街の散策もお楽しみの一つです。小さな町と言えど、みどころは結構あります。ユーラシアのツアーでは、このロンダのパラドールに宿泊(1泊か2泊)するツアーもあるので、もちろんお勧めです!(福永)

スペインのツアーはこちら

|

« アテネのアクロポリス博物館 | トップページ | フェラーラ(イタリア) »

国:スペイン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« アテネのアクロポリス博物館 | トップページ | フェラーラ(イタリア) »