« 情熱のアンダルシア | トップページ | 2010年聖地サンティアゴで聖ヤコブ年 »

2009年12月30日 (水)

没後400周年カラヴァッジョ特別展出展作品一部決定

Caravaggio_luto 先日の記事でご紹介しました「2010年カラヴァッジョ没後400周年記念イヤー」の目玉でもあるローマで開催のカラヴァッジョ特別展に出展される作品が一部決定しました。

「リュート弾き」(サンクトペテルブルク/エルミタージュ美術館)
「勝ち誇るアモール」(ベルリン/国立絵画館)
「合奏」(ニューヨーク/メトロポリタン美術館)
「バッカス」(フィレンツェ/ウフィッツィ美術館)
「ゴリアテの首を持つダヴィデ」(ローマ/ボルゲーゼ美術館)

※12月29日現在特別展を開催するクィリナーレ宮の公式発表によるものですが、今後変更がある場合もございます。また、実際には今後他の出展される作品も発表される見通しです。

この中で元々ローマにある「ゴリアテの首を持つダヴィデ」は抜きにして、エルミタージュの「リュート弾き」やベルリンの「勝ち誇るアモール」はカラヴァッジョノ代表作に数えられる傑作です。「聖マタイの召し出し」「ロレートの聖母」「キリストの埋葬」などその他の主な代表作のほとんどが元々ローマにありますので、それに加えて上記の作品が来れば、絵画史に大きな足跡を残したカラヴァッジョの光と影の世界に深く触れる事が出来るでしょう。(福永)

特集「カラヴァッジョ没後400周年」はこちら

|

« 情熱のアンダルシア | トップページ | 2010年聖地サンティアゴで聖ヤコブ年 »

国:イタリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 情熱のアンダルシア | トップページ | 2010年聖地サンティアゴで聖ヤコブ年 »