« エヴォラ(ポルトガル) | トップページ | ポルトフィーノ(イタリア) »

2010年4月 7日 (水)

スニオン岬(ギリシャ)

Cape_sounion ギリシャの首都アテネの南方に伸びる半島の先端にスニオン岬がという岬があります。アテネから車で約1時間というところでしょうか。エーゲ海にせり出した高い断崖の上に位置するこの岬は、ギリシャらしい歴史、神話に彩られた景勝地です。

スニオン岬を有名にしているのはポセイドン神殿の存在です。英国の詩人バイロンがこの地を絶賛した事で特に欧米人には人気が高いです。

スニオン岬はギリシャ神話においても登場します。怪物ミノタウロス、ミノタウロスを退治したテセウス、その手助けをしたアドリアネ、イカロス、ダイダロスらが登場するクレタ島のクノッソス宮殿の神話はギリシャ神話の中でも最も有名な話の一つですが、その中で息子テセウスを怪物退治に送り出したアテネの王エイギオスは、テセウスが無事快挙を挙げたにも関わらず、息子も死んだと勘違いしてスニオン岬から入水自殺(飛び降り?)を遂げました。エイギオス王が亡くなった海という事でエイギオスの海、転じて今日の「エーゲ海」という名前になったと言われています。

Sounion_temple そんな縁でスニオン岬は古代ギリシャ人にとって重要な場所でした。海を見渡す地という事から海神ポセイドンが祀られるようになったと考えられています。最初のポセイドン神殿は前8世紀頃に建てられましたが、ペルシャ戦争で破壊され、現存する神殿は前5世紀頃にペレクリスが治めたアテネの黄金期に建てられました。アテネのアクロポリスにあるパルテノン神殿とほぼ同時代の建築です。

周囲に大きな都市が生まれる事はありませんでしたので、古代ギリシャの時代が終わった後は、野の中に神殿が打ち捨てられ、その後一部修復して今日に至っています。

Sounion_sunset2 突き出た岬の先端にあるので、スニオン岬のポセイドン神殿に立つと、前も左も右も輝くエーゲ海が広がっています。バイロンの賛辞の意味も実感できるでしょう。季節によって難しい場合もありますが、可能であれば夕陽もご覧になってみて下さい。ギリシャではサントリーニ島の夕陽も有名ですが、スニオン岬でも天候に問題がなければ、負けず劣らず美しい日没をご覧頂く事が出来ます。(福永)

ギリシャのツアーはこちら

|

« エヴォラ(ポルトガル) | トップページ | ポルトフィーノ(イタリア) »

国:ギリシャ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« エヴォラ(ポルトガル) | トップページ | ポルトフィーノ(イタリア) »