テーマ:添乗徒然

2009年7月12日 (日)

~スーツで歩いた巡礼路7~ ついに聖地サンチャゴへ

いよいよ我々の巡礼も、あともう少しで終わりを迎える。
聖地の大聖堂は目前だ。

最後の巡礼ハイキングはゴゾの丘から大聖堂までの約4,4キロ。
この区間はもうサンチャゴ市街なので、街中を歩くことになる。
ゴゾの丘の少し手前にある巡礼者宿泊施設でバスを降りて、歩き始めた。

続きを読む "~スーツで歩いた巡礼路7~ ついに聖地サンチャゴへ"

| | コメント (4)

2009年7月11日 (土)

~スーツで歩いた巡礼路6~ ちょっと寄り道、巡礼路の花々

辛くも険しい!?巡礼路の旅も、道中ではたくさんの楽しみがあります。
様々な国から遥々やってきた巡礼者や地元スペイン人との出会い、美味しい郷土料理、疲れた時は立ち飲みのバールでの「ちょっと一杯」、忘れられないような美しい風景・・・挙げればきりがありません。

続きを読む "~スーツで歩いた巡礼路6~ ちょっと寄り道、巡礼路の花々"

| | コメント (0)

2009年7月10日 (金)

~スーツで歩いた巡礼路5 ~ カメとウサギの巡礼者

強烈な太陽光線がジリジリと肌を焼く。

おしゃべりな現地ガイドに尋ねると、周辺は標高2000M級の山々が連なっているという。
もともと周辺の大地は標高900Mほどの高原だったので、それほどの標高を実感できないが、初夏の今でも遠くの山頂には雪が残っているのが信じられない。気温32℃だというのに。

続きを読む "~スーツで歩いた巡礼路5 ~ カメとウサギの巡礼者"

| | コメント (0)

2009年7月 9日 (木)

~スーツで歩いた巡礼路4~  カメとウサギの巡礼者

本日は朝から雲ひとつ無い快晴。どうやら今日は暑くなりそうだ。
前回のハイキングからは2日ほど空いており、その間にブルゴスやレオンと言った大都市の教会を巡り、
スペインで最も美しい回廊のサント・ドミンゴ・デ・シロス修道院を訪れた。
神の声のように澄んだ修道士達のグレゴリオ聖歌で心が癒される。
この2日間のあいだに我々は心身ともに充分休息がとれたらしく、みな歩く気合が全身にみなぎっていて、気合充分。
聖地サンチャゴまではあと250キロだ。

続きを読む "~スーツで歩いた巡礼路4~  カメとウサギの巡礼者"

| | コメント (0)

2009年7月 8日 (水)

~スーツで歩いた巡礼路3~ マツタケとホタテ貝

一夜明けて迎えた朝は、まだ薄暗く小雨が降っている。
今日の旧道歩きは北部スペインのちょうど真ん中に位置するブルゴス近郊。
このあたりはメセタと呼ばれる標高900Mほどの高原地帯。
天気が崩れると気温も一気に15℃くらいまで下がり、ひんやりと肌寒くなる。
周辺の丘陵は見渡す限りどこまでも広がる小麦畑だ。

国道沿いの小さな礼拝堂がある、エルミタ・デ・ヴァルデス・フエンテスでバスが止まった。
最初にバスを降りてきたのは、革靴にスーツ姿の場違いな服装の男。
そう、私の荷物は未だ行方不明のままなのだ。
ドライバーに借りた傘をさし、鞄代わりのビニール袋をぶら下げ、最悪の状況でハイキングスタート。

続きを読む "~スーツで歩いた巡礼路3~ マツタケとホタテ貝"

| | コメント (0)

2009年7月 7日 (火)

~スーツで歩いた巡礼路2~ お気楽な巡礼の旅へ出発

さて、聖地サンチャゴを西へ西へと目指す巡礼者は果たしてどのような旅をしているのだろうか。
大きなバックパックを背負った彼らの朝は早い。
日の出前に起き出してもう暗いうちから歩き始める。
午前中の涼しい時間帯に5~6時間ほど歩いてお昼には巡礼宿に入り、昼食後は今後の旅に備えてしっかりシエスタをとる。
だいたい一日25~30キロを歩く計算だ。
我々の旅が始まったのは、巡礼路途中のパンプローナ。
聖地サンチャゴまではまだ約700キロ近くあるので、ずっと歩いていくと少なくとも一ヶ月はかかるだろう。
しかし我々は日数が限られているパックツアー。
基本的にはバスで町々を観光をしながら、時折景色のいい場所を選んで、旧巡礼街道を1時間半~2時間ほど歩くイイトコ取りの旅なのだ。

続きを読む "~スーツで歩いた巡礼路2~ お気楽な巡礼の旅へ出発"

| | コメント (0)

2009年7月 6日 (月)

スーツで歩いた巡礼路

Santiago_catedral 突然ですが、本日より7日間旧ブログ時代に掲載した巡礼路の添乗レポートを7日連続で公開します。添乗員は私上田がお届けします。

初夏の新緑溢れる北スペインの巡礼路を歩いてきました。
ちなみに私の年齢は、野球選手で言えば、あの松井選手と同じ歳。
億単位の年棒をバンバン稼いで秘かに社会貢献の為に惜しみなく寄付をする松井選手は同年代人にとってはまさに光かがやく聖人であります。

私はつい先日、北スペイン巡礼路の旅から戻りました。数々の教会を巡ったものの、やはりそう簡単には聖人にはなれませんでした。皆様にはこれから巡礼の話をご紹介します。
題して「スーツで歩いた巡礼路」。

続きを読む "スーツで歩いた巡礼路"

| | コメント (0)

2008年2月26日 (火)

査証の続き

先週の続きで、福永が査証ナビゲートします。

査証にも様々な種類がありますが、一番人気があるのはやっぱりシールタイプ。インクが薄れがちなスタンプと違って、シール型は保存にも適していて、見た目も美しいと評判です。そのシール型を手に入れるためにはどこへ行けばよいか、ずばり世間ではきな臭い(実際は他の一応安全と言われている国と治安の大差はありません)と言われる事もある国の方が、厳重な審査を複数回行う事が多いので、狙い目です。複数回行うが故に、誰が見ても分かりやすく、磨耗しない査証が審査側として望ましいからです。

続きを読む "査証の続き"

| | コメント (0)

2008年2月19日 (火)

些少ながら

Visas 乙女チックな金曜日、親父チックな火曜日と妙に毛色が分かれて来ました。今日は親父チックな曜日という事で、親父チックさなら優秀、福永が担当します。
今日はナビゲーターの日なので、色々悩みましたが、今日は旅行には欠かせない「査証」をテーマにナビゲートしたいと思います。
(協力:ユーラシア旅行社VISA課の皆様)

続きを読む "些少ながら"

| | コメント (0)

2008年2月12日 (火)

マイレージの続き

Milage 先週の記事をお読み下さった方、ありがとうございました。そこで今週は先週の予告通り、私関口から幾つかお勧めのマイレージプログラムをご紹介させて頂きます。

インターネット上に数あるサイトの中、意外に的確にお勧めがされていることが少ないのが現状です。そんな中、「ではいったいどこのカードを持っていればいいの?」との質問にお答えするのが今回のトピックです。(あくまで個人的見解です。) その答えはズバリ以下の通りです:

続きを読む "マイレージの続き"

| | コメント (0)