« バガン遺跡特集⑦ ~ バガン一の高さを誇る寺院 ~ 「タビィニュ」 ~ | トップページ | 「オールソフィアンの集い」に行ってまいりました! »

2010年5月27日 (木)

バガン遺跡特集⑧ ~ 「シュロ」の木で生きる一家族 ~

Blogtemplate  ミンガラバー!今日はバガン遺跡特集の最後の日になりました。今回は、バガンの近くの村に住む、「シュロ」の木から取れる様々な自然の物産を売って、生活している一家族のことをご紹介します。
 「シュロ」の木をご存知でしょうか。東南アジアの熱帯地方によく見かけるシュロは、やしの一種で、暑さに強く、100年以上の寿命がある言われています。ミャンマーにも、中部(バガンあたり)にたくさんあります。バガンの近くに住む人たちは寺院が建てられた昔から現代に至るまでシュロを利用して生活して来ました。
 私は、お客様をポッパ山にご案内する度、お客様にバガンターの生の生活と素顔を見てBlogtemplate_2 ほしく、途中の道沿いにあるシュロの家族のところによく立ち寄りました。その家族はシュロの葉っぱや竹などで店を造り、シュロの木から取れるものを売って生活しています(勿論、村の中にも彼らの家がありますが、商売の為にここに住んでいます)。
 彼らは毎朝早くシュロの木に登り(その辺に住んでいる男性は誰でも登れます)、枝のようなものから出る樹液を取ります。その液体は日差しが強くならないうちに取ると、甘いジュースのような味ですが、日差しが段々強くなってくるにつれ、Blogtemplate_3 甘酸っぱくなり、夕方になると苦くてお酒のような味になります。それを飲むと酔っ払うので、現地ではシュロの酒と呼びます。現地の人たちの日々の楽しみのため欠かせないもので、人気が高いです。又、売れ残りのシュロの酒を発酵させて地酒を作ります。それはアルコール度数が40度近くあります。疲れた毎日の夕方にシュロのお酒を飲むのが現地の人たちの一日の楽しみです(仕事帰りにどこかに寄って帰る日本のサラリーマンの人たちと同じかもしれません)。ミャンマー人の多くは、お酒を飲むとすぐに酔っ払い、簡単に喧嘩するので、私が子供の頃はお酒を飲む人は悪い人だと思っていました。

Blogtemplate_4  シュロの木からは他にも色々なものが作れます。熟していない実はとても柔らかく、生で食べられます。自然の甘さでとろけてる味で、私の大好物です。熟したものは硬いので、それを使って伝統的なお菓子を作ります。餅米と黒砂糖で作るシュロのお菓子はとても柔らかくて美味しいです。ただそれBlogtemplate_5だけでは、ありません。使えなくなった幹を切って、机や椅子を作ったり、牛や家畜の餌の容器にしたり、家の柱にしたり、床にしたりなどとして使えます。
又、シュロの家族は朝に取れた液体を煮詰めて黒砂糖も作ります。栽培しているゴマやピーナツなどで、油を造り売店で売っています。容器までもが、Blogtemplate_6 シュロの葉っぱで作ってあるので、店にある全てのものがシュロの木と畑から取れるものばかりになっています。彼らは、商売として物を売っていますが、外国人の観光客は帰国の時に持って帰れないため、殆ど買う人はいません(現地の人はよく買いますが)。でも、行く度にいつも笑顔で迎え、売っているものでもてなしてくれます。それが、バガンターの心かもしれません。
 バガンには、私が紹介したいところがまだまだたくさん残っています。今日は第一回目のバガン遺跡特集の最終回ですが、いずれまた、今回と違う「知られざるバガン」をご紹介したいと思っています。楽しみにしていてくださいね。

|

« バガン遺跡特集⑦ ~ バガン一の高さを誇る寺院 ~ 「タビィニュ」 ~ | トップページ | 「オールソフィアンの集い」に行ってまいりました! »

バガン遺跡」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
いつも楽しく拝見しています。
バガン行きました!

シュロの黒砂糖というのが気になったのですが、パームシュガーとは別のものですか?
 私はバガンの漆工場に行ったときにお茶と共に出してくれた砂糖の塊がとても気に入り、パームシュガーだというのでヤンゴンに戻ってからスーパーで買ったのです。
日本に戻ってからも大事に大事に食べています

投稿: tiki | 2010年5月31日 (月) 08時45分

tiki 様、
こんにちわ!お久しぶりです。
パームシュガーと私がご案内したシュロの黒砂糖は同じものだと思います。私は今までパームシュガーという言葉を知りませんでしたので、勉強になりました。

投稿: キンキンテー | 2010年5月31日 (月) 14時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« バガン遺跡特集⑦ ~ バガン一の高さを誇る寺院 ~ 「タビィニュ」 ~ | トップページ | 「オールソフィアンの集い」に行ってまいりました! »