« 「オールソフィアンの集い」に行ってまいりました! | トップページ | 暑い時こそ大人気! 伝統的化粧品 「タナカー」 »

2010年6月 3日 (木)

ラオスフェスティバル

Blogtemplate  ミンガラバー!今日は、「ラオスフェスティバル」のことをご紹介します。5月22日(土)と23日(日)に、東京の代々木公園で行われました。
 日本やアメリカ、シンガポールなどの先進国は多くのミャンマー人が憧れる国ですが、ラオスやベトナムなどは国が近いせいもある為か、私はそれ程興味がありませんでした。しかし母国を離れて日本にいると時々、ミャンマーや東南アジア独特の雰囲気が懐かしくなることがあります。そんな時、先輩に「ラオスフェスティバル」があることを聞いて、早速、行ってきました。
 会社では添乗員たちがツアー中取ってきた数々の写真を見ていたので「ラオス」に興味を持ち始めていました。写真を見ると、どの風景も母国ミャンマーを思い浮かべます。例えば、朝の托鉢風景や街並み、人々などです。とてもミャンマーと似た風景で、時にはミャンマーよりも静かで素朴な感じがしました。私は親戚が住む田舎(畑しかなく、何もない)へ遊びに行くのが好きだったので、写真でラオスの街並みとゆったりしていて穏やかな様子の人々を見て、ラオスがすっかり好きになりました。

 フェスティバルにはラオスの音楽界に旋風を巻き起している「Alexandraさん(女性)」と人Blogtemplate_2 気ロック歌手「Cellsさん(男性)」がスペシャルゲストとして演奏してくれました。また、ラオスフェスティバルと言い、タイ料理、焼肉、アフリカ料理などとアフリカの土産物のお店などで賑やかなフェスティバルでした。
  ミャンマーはイギリス植民地だったので、当時の鉄道跡や戦争中に造られた橋などが今も残っていて、お客様をご案内するたびに、当時の人々のことを考えてしまいます。当時のものを見ると、少し悲しくなったりもします。ラオスもフランスの植民地だったので、イギリス植民地の雰囲気と違うのかなあと思いました。でも、東南アジアの国であるミャンマーとラオスが似ているかのように、Tatoruannblogtemplate西ヨーロッパの国であるイギリスとフランスも似たようではないかなとも思います。
 ラオスは一度は行きたいと思っていて、出来れば、フランス植民地時代の鉄道跡や地元の人々が着飾って賑やかなラオス最大のお祭り「タートルアン祭」の時に行きたいです。今回は、これを読んでくださった皆様が、ミャンマーの隣国であるラオスに少しでも興味を持っていただければ嬉しいです。

|

« 「オールソフィアンの集い」に行ってまいりました! | トップページ | 暑い時こそ大人気! 伝統的化粧品 「タナカー」 »

キンキンテーのつぶやき」カテゴリの記事

コメント

ラオスとミャンマーはとても似ていると思います。人も風景もやさしいです。是非、キンキンテーさんもルアンプラバンに行ってみて下さい。

投稿: ローリー | 2010年6月 3日 (木) 20時17分

ローリー様
お久しぶりです。
コメントを見て、もっと行きたくなりました。

投稿: キンキンテー | 2010年6月 4日 (金) 11時03分

ラオスは、未だ渡航したことありません。
6/12,13に横浜赤レンガ倉庫で
アフリカンフェスタ2010のイベントが
あります。
http://www.africanfesta2010.com/
地元なので、12日に行きます。

投稿: 角田 | 2010年6月 4日 (金) 23時15分

角田 様
こんにちは!
アフリカンフェスタのイベントのお知らせ、有難うございました。明日、天気がよさそうでなので、楽しみですね。
ラオスにも是非行ってみてくださいね。

投稿: キンキンテー | 2010年6月11日 (金) 18時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「オールソフィアンの集い」に行ってまいりました! | トップページ | 暑い時こそ大人気! 伝統的化粧品 「タナカー」 »