« インレー湖~ 特集② 片足で漕ぐボート | トップページ | インレー湖特集④~ 水上パゴダ »

2010年7月13日 (火)

インレー湖~ 特集③~ インダー漁師

Blogtempla  ミンガラバー!今日は、インダー族の漁師たちをご紹介します。
 インダー族は浮島栽培を行う傍ら、漁師としての仕事も行います。でも、魚を獲るのは家庭の収入のためではありません。毎日のおかずのためです。たまに、運が良く、たくさん獲Hoshisakanablogtemplateれた時は、近所の人たちに配り、又は次の日のおかずのた め、塩でもんで干します。水分がなくなるまで、干せば干すほど、6ヵ月も1年も長く保存できるようになります。インレー湖には干す場所があまりないので、殆どは家の屋根の上に干したりします。

  Lastblog インダー族は魚を獲るため、独自の用具を利用しています。それは、高さ1.5メートルぐ いの長さの竹の棒8本で作った3角形のカゴのようなものです。その中に、手動の網が付いています。竹と網だけなので、カゴはあまり重くありません。インダー族はインレー湖のどこでも魚が獲れるようになっていて、一人で獲るインダーもいれば、近所の人とグループになって獲るインダーたちもいます。その場合は、一緒に助け合い(いつも、修復して使う ので、カゴが折れたり、網が破れたりするからです)、獲れたものは皆で分けます。
 魚の獲り方ですが、ごく簡単です。まず、場所を選び、その後、網をカゴの3分の2ぐらいまで下ろして、カゴを水の中に入れます。しばらく待ち、網の中に魚が入ると、カゴが動くのBlogtempla_2で、そのタイミングを図って、網を引っ張って取ります。エサもいりません。
 インレー湖には有名な魚がいます。でも、名前はありません。現地では簡単に「イン デェー ガ ガー」と呼ばれています。インレー湖の魚という意味です。スズキと似たような魚Photoです。少し、小さい骨がありますが、甘くて美味しいです。インレー湖に行くたびに、昼の食事に「インデェーガガー」が出てきます。炒めた魚の上に浮 島栽培のトマトカレーをのせた料理は薄味で、酸っぱ味があり、食べた後は元気になります。それに一番合うのが、インデェーガガーで作ったご飯です。油で炒めた玉ねぎ、魚のFullfishblogtemplate肉、塩、アジノモトで、もんだご飯はインレー湖に行くたびに、食べずには、いられません。玉ねぎのオイルで、少し黄色っ ぽくなっているご飯を見て、違和感を感じるお客様も、お代わりを頼むほど美味しいご飯です。
 Ablogtemplateちなみに、昔からインダー族は目がいいと言われてきました。60歳、70歳になっても、メガネをかけているインダーをあまり見かけません。毎日、魚料理と魚ご飯を食べていたせいかもしれません。又、ボートの端に立って、いつも遠くまで見ていたせいかもしれませんね。

|

« インレー湖~ 特集② 片足で漕ぐボート | トップページ | インレー湖特集④~ 水上パゴダ »

インレー湖」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« インレー湖~ 特集② 片足で漕ぐボート | トップページ | インレー湖特集④~ 水上パゴダ »