« ミンドン王の伝説 | トップページ | ミャンマーの坂本龍馬?~マンダレーのカナウン~ »

2010年11月24日 (水)

マンダレーの職人区

 ミンガラバー!
Shweparkattblogtemplate  ミンドン王は新しい都を造った時、同じ職業をもつ人たちを同じ区に住むように定めました。同じ職業で生活する人たちが近くに住み、お互いに努力しあい、いい商品を造り出せるように考えたと言われています。区の名前は、刺繍で生活する人たちが住む区は「刺繍の区」、彫刻で生活する人たちが住む区は「彫刻の区」などと職業の種類で呼ばれていました。それは今日でも変りません。その他にも、「金箔の区」や「商人の区」などがあります。

 当時、最も有名だった職業は刺繍(貴族や大臣などの衣類は刺繍で作られていました)や、金箔を作る作業(国王は仏教に力を入れましたので、当時から仏像やパゴダなどに金箔を貼る人々が多くいました)などです。現在でも金箔の産業と大理石の彫刻の作業は繁栄しています(現在では、刺繍は飾り物にしか使われていません)。マンダレー市の近くには、大理石の産地もあり、大仏や観音様の彫刻が多く作られています。それらの殆どは中国に輸出されています。
 それらの職人さんたちの商品は、観光客にも人気があります。お土産として購入する人も多いようです。ミャンマー伝統の技術がこれからもずっと繁栄できれば、いいですね。

|

« ミンドン王の伝説 | トップページ | ミャンマーの坂本龍馬?~マンダレーのカナウン~ »

マンダレー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ミンドン王の伝説 | トップページ | ミャンマーの坂本龍馬?~マンダレーのカナウン~ »