« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月

2011年1月27日 (木)

タバウン満月祭

Rosokublogtemplateミンガラバー!
先日、タバウン満月祭についてお客様からお問合せがありましたので、少しご紹介したいと思います。
ミャンマーには、年中(毎月と言っていいほど)お祭があります。でも、知名度が高い祭はバガンアーナンダ寺院祭(2月頃)、水掛け祭(4月頃)インレー湖筏祭(10月頃)、タウンジー気球祭(11月)頃、カッグ遺跡祭(11月・3月頃)などです。このタバウン満月祭もその中の一つです。

続きを読む "タバウン満月祭"

| | コメント (0)

2011年1月25日 (火)

白い袈裟をまとうポートゥードーたち

Phoethutawtakuhatsuchubl ミンガラバー!
今日は、アマラプラのマハーガンダヨン僧院で修行している子供たちをご紹介します。
僧侶の袈裟は国によって色違いがあり、タイやラオスは黄色ですが、ミャンマーは濃い赤や茶色が一般的です。例外としKozoblogtemplate て、このマハーガンダヨン僧院には、白い袈裟をまとう子供たちがいます。
かつては、僧院などで僧侶の世話をしながら修行する人たちがいました(現在は、少なくなってきています)。彼らのことを「ポートゥードー」と呼びます。Tatephoethutawtakuhatsub「僧院に住むお爺さん」という 意味で、白い服(袈裟のようなもの)を着て、修行します(男の人だけがポートゥードーになれます)。僧侶が托鉢に出かける際、隣で寄付の品々を運んだり、寄付金を使って僧院の必要なものを買ったり(僧侶はお金を使うことが出来ませんのPhoethutawshokujichublogで)などを行います。
ポートゥードーは元々僧院に住むお爺さんという意味ですが、このマハーガンダヨン僧院には子供のポートゥードーたちが生活しています。夏休みに仏教を勉強する子もいれば、孤児でこの僧院で暮らすようになった子もいます。又、大きくなると、僧侶になりたくて、僧院の生活に慣れるために修行している子もいます。

続きを読む "白い袈裟をまとうポートゥードーたち"

| | コメント (0)

2011年1月20日 (木)

マハーガンダヨン僧院の食事風景

ミンガラバー!Narabihajimeblogtemplate
今日は、アマラプラにあるマハーガンダヨン僧院の僧侶たちの食事の風景をご紹介したいと思います。
Sutsukaublogtemplateこのマハーガンダヨン僧院は仏教の戒律を厳しく守り、守れる若い僧侶たちを育っていく僧院としても、有名です。全国最大級の僧院で、アマラプラやマンダレーだけでなく、全国に知られています。そのため、全国から様々な希望を持つ僧侶たちが集まってきて、修行しています。現在、修行している僧侶は1,000人近くいます。仏教の大学に通いながら一生懸命勉強している僧侶もいれRdblogtemplate ば、この僧院での勉強を重ね、地元の僧院で修行するという僧侶もいます。
毎日一斉に食事をするのが、この僧院の1つのルールでShokujifukeiblogtemplateす。僧侶たちは、毎日朝8時ぐらいに托鉢に出かけ、10時ぐらいに僧院に戻ります。10時15分ぐらいには、寮から出て、僧院の前に並び、食堂室で一斉に食事をします。食事をする時は、托鉢先の寄進者に感謝しながら食べるのもルールの1つです。

続きを読む "マハーガンダヨン僧院の食事風景"

| | コメント (0)

2011年1月18日 (火)

かわいいミャンマーの得度式

Mdlblogミンガラバー!
ミャンマーでは、男の子は20歳までに必ず1度僧侶になります。法律では決められていませんが、仏教徒の義務として考えられています。普段は、高校を卒業し、大学に入るまでの間に僧侶になる人が多いですが、お爺さん、お婆さんたちが亡くなる前に、袈裟をまとう孫を一目見たいという願望があるため、小さい頃に僧侶になる子供もいます。但し、僧侶でいる間は、僧院で生活しなければなりませんので、最低限自分の世話を自分で出来る年頃(6、7歳ぐらい)が求められています。僧侶としての期間は少なくとも3日の場合もあれば、3ヵ月の場合もあります。全て本人によりますが、一生僧侶としての修行を続ける人もいます。

続きを読む "かわいいミャンマーの得度式"

| | コメント (0)

2011年1月13日 (木)

チーク材で造られた名橋「ウーペイン橋」

Aozorablogtemplateミンガラバー!今日は、アマラプラにある「ウーペイン橋」をご紹介したいと思います。Cruiseblogtemplate
毎年雨期になると、タウンタマン湖は満水になり、交通は便だったようです。それを知った当時の市長ウーペインは、旧王都(インワ)の王宮からチーク材の柱などを運ばせ、1848年に橋を造らせました。Sayablogtemplate全体で使われたチーク 材の柱は1086本もあったと言われ、Ryoushiblogtemplate橋の長さは1.2キロ、高さは2メートルぐらいあります。この橋を造るのに3年間もかかったようです。市長ウーペインによって造られましたので、「ウーペイン橋」と呼ばれるようになりました。

続きを読む "チーク材で造られた名橋「ウーペイン橋」"

| | コメント (0)

2011年1月11日 (火)

不死の古都「アマラプラ」

Ayarwadeblogtemplate  ミンガラバー!
 すっかり、お正月の気分もなくなりましたね。 
 今日は、マンダレー周辺にある古都「アマラプラ」をご紹介したいと思います。
 18世紀頃、ビルマ王朝が転々と都を移し続けた中、アマラYatkanobablogtemplateプラは2回に分かれて王都として、繁栄しました。1783年から1823年まで(40年間)と、1841年から1857年まで(16年間)です。1857年頃、ミンドン王がアマラプラから11キロぐらい離れたところに、新たにヤダナボン都を造営した時、主要な建物などを分解して、運んでいたので、アマラプラには王宮跡などは残らず、昔の王都があった場所としてしか、知られていません。

続きを読む "不死の古都「アマラプラ」"

| | コメント (0)

2011年1月 6日 (木)

お客様の生の声がとてもうれしいです!

Bgnblogtemplate  ミンガラバー!
 年末年始に出発した弊社のツアー(ミャンマー方面のツアーもたくさんありました)の殆どは、昨日ぐらいに帰国しました。ミャンマーから帰国した先輩たちの話を聞くと、母国を懐かしく感じます。また、ミャンマーを良いイメージで感じてくださったお客様のアンケートを見て、有り難く感じました。皆様、有難うございました。
今年は例年と比べ、ミャンマー方面の旅行に興味を持つお客様が多くいらっしゃいました。11月の総選挙や、スーチーさんの自宅軟禁が解かれたことなどが原因かもしれません。これを機に国内の旅行業界側も今まで落ち込んでいた経営を立て直そうと努力しているようです。その為、今年は以前と比べ、宿泊ホテルや国内線、専用車などの予約が厳しく、キャンセル待ちの状態までありました。

続きを読む "お客様の生の声がとてもうれしいです!"

| | コメント (0)

2011年1月 4日 (火)

【共通テーマー】もしも私が過去の偉人として生まれ変わるなら~

Photo_3  ミンガラバー!明けまして、おめでとうございます。
 去年の12月に「フィンセント・ファン・ゴッホ展」を見に行きました。週末のせいか、すごい人混みでした。
来日してから、19 世紀の様々な画家たちの絵画を見に行ったりしていましたが、行くたびにミャンマーとは違って、絵画に興味をもつ日本人がたくさんいることに気付きました。
ミャンマーにも19世紀頃の画家たちはいましたが、現在まで残っている名画などは国立博物館の中にしか、展示されていません(他の国とは違い、国の所有物が殆どですので)。また、名画などは一般の人々にあまり知られておらず、庶民もわざわざ国立博物館などに見に行きません。大学などでは、絵画専門の学生が多数いますが、一般の人たちは絵画に興味を持つ人は少ないと思います。又、日本のように外国の作品を中心とした展覧会を開くこともありませんので、世界の名画などを見るチャンスはめったにないと思います。私も日本に来るまでは、モネもフェルメールも、ゴッホも知りませんでした。

続きを読む "【共通テーマー】もしも私が過去の偉人として生まれ変わるなら~"

| | コメント (0)

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »