« はじめてのカンボジア旅行Ⅲ~トンレサップ湖の水上生活者たち | トップページ | はじめてのカンボジア旅行 Ⅳ~ハスの花 »

2011年4月 7日 (木)

初めて読んだ漫画、ゴルゴ13

ミンガラバー!Kkh20110407181926866_0001
先日、先輩にすすめられ、日本の漫画を初めて読んでみました。来日した時、電車や待ち合わせ場所、喫茶店などで熱心に漫画を読む大人がたくさんいることにとても驚いたことを思い出します。大人が漫画を読むことをずっと不思議に思っていました。日本語学校や専門学校に通っていた時も、自分と同じように思う外国人の友人もいました。
母国には、漫画は子供が読むものとされています(大学生ぐらいまで読む人もいると思いますが)。でも、日本と同様に新聞や雑誌などに載る四コマ漫画などもあります。日本では漫画や雑誌、本などは自分で購入して読む人が多いと思いますが、母国では漫画や雑誌、小説などを含め殆どの本は1日にいくらかの代金を払って借りて読むのが一般的です。今日借りた本を明日戻すのは普通ですが、連続で1週間ぐらいまで借し出しするお店もあります。借りる人が多いので、新品の本も2、3ヵ月経つとぼろぼろになり、テープなどで貼られいたりもしています。やぶれている部分を自分で組み合わせて読んだりもしていました。

ところで、初めて読んだ漫画はゴルゴ13シリーズ(さいとう・たかを氏)の「2万5千年の荒野」です。原子力発電所の事故を描いたストーリーでしたが、読んでみてよかったと思っています。雨期になると停電がなく、乾期には停電の回数が多くなるという水力発電中心の国に育てられた私は、火力発電と水力、原子力の長所と短所のことを知らずに生きてきました。また、読み終えると、1945年にアメリカが投下した広島と長崎の原子爆弾のことも思い出しました。ミャンマーでは東京を知らない人がいるかもしれませんが、広島と長崎を知らない人はいないと思います。昔は、教科書にも入っていました。
テレビで福島第一原発のニュースを見るたび、新聞を読むたびに懸念する毎日ですが、にっぽん中の皆さんが安心して生活できる日が早く戻ってくるように祈っています。
来日して4年になりますが、日本に来るまで体験できなかったことも少しずつやってみるようになりました。それは、花見すること、海外旅行に出かけることなどです。これからは、それらの体験に日本の漫画を読むこともプラスしていきたいと思っています。

|

« はじめてのカンボジア旅行Ⅲ~トンレサップ湖の水上生活者たち | トップページ | はじめてのカンボジア旅行 Ⅳ~ハスの花 »

キンキンテーのつぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« はじめてのカンボジア旅行Ⅲ~トンレサップ湖の水上生活者たち | トップページ | はじめてのカンボジア旅行 Ⅳ~ハスの花 »