« ミャンマーの暑い夏の過ごしかた | トップページ | 6月から始まる新学期 »

2011年5月19日 (木)

ビーチリゾート「ガパリ」

1blogtemplate ミンガラバー!
今日は、暑い一日でしたね。日本では、夏になると、海を思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。最近、かわいい水着などもデパートやスーパーでよく見かけますね。それら2blogtemplate を見かけ、今日のように暑くなると、私も海に行きたくなります。海に行った回数は少ないですが、青空と透明な水の素敵な海ばかりでしたので、大好きです。でも、泳げない私ですので、いつも海辺を歩いて楽しむだけでした。
ミャンマーには綺麗な海がたくさんありますが、今日は、ミャンマーが誇る最もきれいなビーチリゾートを少し紹介したいと思います。

4blogtemplateミャンマー西部のヤカイン州にあり、「ガパリ(NGAPALI)」と言います。名前の由来はナポリ(NAPOLI)に似ていることからイタリア人につけられたものだと伝えられ、現地の訛りで「ガパリ」になったそうです。ベンガル湾に面しているこのビKanimealsblogtemplate ーチは、他の国々の有名なビーチとは違い、11kmぐらいの長く白い砂浜と海辺にあるたくさんのヤシの木が有名で、とても静かです。外国の観光客にはあまり知られていない、ビーチですので、訪れる人も少なく、素朴です。他の国々の有名なビーチの賑わいとは違い、一味違うビーチだと思います。ヤンゴンからヤカイン州の第Layeblogtemplate 二の首都タンドェー(THANDWE)まで空路で50分ぐらいです(国内線は毎日飛んでいます)。タンドェー空港から宿泊ホテルまでは送迎バスで約15~30分です。外国人の観光客用の素敵なホテルもたくさんあります。ミャンマー人は水掛け祭り以外に水と遊ぶことは殆どありません。海岸や川などの周辺に住んでいる人たSunsetblogtemplate ち以外、泳げないミャンマー人も多いと思います。ガパリの地元のヤカイン人たちもビーチとして楽しむより、毎日漁をして、忙しい日常の生活を送っています。訪れる観光客は、新鮮な魚類や貝類を食べ、ビーチを楽しむ一方でヤカイン人の生の生活も見られます。今はまだ、ガパリが入ったツアーはありませんが、ユーラシア旅行社のツアーにもいつかガパリが入ったツアーをつくりたいと考えています。ツアーに入れて皆様も、いつか訪れてみてくださいね。

|

« ミャンマーの暑い夏の過ごしかた | トップページ | 6月から始まる新学期 »

キンキンテーのつぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ミャンマーの暑い夏の過ごしかた | トップページ | 6月から始まる新学期 »