« おめでとう!なでしこJAPAN | トップページ | クリスマスのパンフレットも出来上がりました! »

2011年7月21日 (木)

ミングォンの守り神“大きなライオン”

1blogtemplateミンガラバー!
今回、ミングォン遺跡群をご紹介します。小さいミングォン村には、大きな遺跡が、いくつかあります。その一つは、今日ご紹介する守り神「大きなライオン」です。
ミャンマーでは、パゴダを造る際、守り神も一緒に造ります。2blogtemplate守り神の多くは、ライオン、トラ、ゾウ、トリ、神様などです。ミ ャンマー語ではライオンを「チンテェー」と言い、とても力強いと思われ、守り神としてよく造られます。パゴダのサイズに合わせますので、守り神のサイズは様々です。このライオンの守り神は、ミングォン遺跡群の中で最も大きなパゴダのものですので、とても大きく造られました。

Kuroiblogtemplate近くにある、本堂「プドードォーパゴダ(18世紀頃)」が造られた時、2頭のライオンの像は守り神として造られたそうです。高さ30mぐらいで、遠いところからもよく見えるほど大きかっSmallblogtemplate たと言われています。本堂は完成できず、現在まで建設途中のままに残っていますが、このライオンの守り神だけが当時完成しました。水路や陸路でやってくる敵は、このライオンの像を見るだけで、怖くて近づけなかったという話もありまTateblog す。
残念なことに、1839年頃の地震でこのライオンは壊されました。今では、丸い石にしか見えません。

|

« おめでとう!なでしこJAPAN | トップページ | クリスマスのパンフレットも出来上がりました! »

ミングォン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« おめでとう!なでしこJAPAN | トップページ | クリスマスのパンフレットも出来上がりました! »