« ヤンゴン観光特集Ⅳ~チャウッターヂー・パゴダ | トップページ | 少しずつ海外旅行が増えています! »

2012年4月10日 (火)

花を愛でる文化をミャンマーにも是非~

1img_0512_2  ミンガラバー!

 先週の金曜日から桜が満開になりましたね。私も仕事の帰りに夜桜を見に行ってきました。4img_0538_2

 ミャンマーから訪日中の友達が東京に戻ってきました。京都や奈良、三重、岡山、大阪などじっくり観光してきたと言っていました。旅行中は食事を始め、日本とミャンマーの生活習慣の相違点に感心したり、不思議がったりと、たくさんの経験をして、とても楽しかったそうです。

 2img_0517彼女が電車の車窓や歩道から桜を目にしたり、テレビで満開の桜を見た時「桜!きれいですね。」と言っていたのですが、実は、まだ花見をしたことはありません。でも、花見をしてみたいとは思っていないようです。それも(以前このブログにて紹介したように)花というと仏像にお供えするか又は女性の髪に飾るかのイメージが強いミャンマー人だからかもしれません。
 
 日米の親交記念として知られるワシントンの桜の並木は今年で100年を迎えました。日本の花見文化は海を越え、これからアメリカの文化に加わっていくかもしれません。桜の並木の下に遊ぶ子供たちと花見を楽しむ人々の笑顔をテレビで見て彼らの楽しい気持ちが伝わってくるような気がしました。3img_0531

 在日のミャンマー人だけではなく、花見文化の楽しさを現地のミャンマー人たちにも知ってほしいものです。母国(ミャンマー)をはじめ東南アジアの諸国にも桜の木があって、アメリカや日本のように花見文化が伝わったら、いいですね。

|

« ヤンゴン観光特集Ⅳ~チャウッターヂー・パゴダ | トップページ | 少しずつ海外旅行が増えています! »

キンキンテーのつぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ヤンゴン観光特集Ⅳ~チャウッターヂー・パゴダ | トップページ | 少しずつ海外旅行が増えています! »