« 太陽の光の下の小僧達~「ユーラシア旅行社で行くミャンマーツアー」 | トップページ | バガン遺跡村の人たちの微笑み~ユーラシア旅行社で行くミャンマーツアー »

2014年2月 4日 (火)

共通テーマ「春の訪れを感じる風景~」  ユーラシア旅行社で行くミャンマーツアー

1img_1043ミンガラバー!

日本で春を迎える頃、ミャンマーでは水掛け祭が行われ、新年を迎えます。

お互いに水を掛け合いながら汚れを落とし、きれいな心と身体で新年を迎えるという目的で行われたのがこの水掛け祭です。
この時期、ミャンマー人は仏像やパゴダを綺麗にしたり、お菓子を作ってお客様をおもてなししたり、近所のお年寄りのお世話をしたりして、元旦を過ごす人が殆どです。

2年中パゴダに足を運ぶミャンマー人ですが、元旦は特に参拝客であふれます。

その風景こそがミャンマー人の仏教に対する信心深さの現れかもしれません。3p1120432

季節を表すミャンマー語の中には「春」を表す言葉がありませんが、4~5月頃になると上ミャンマー( シャン州…)では寒さも和らぎ、さまざまな種類のお花が咲き誇る季節になります。

ユーラシア旅行社で行く!ミャンマーツアー 

ユーラシア旅行社で行く!ミャンマーツアーの魅力

|

« 太陽の光の下の小僧達~「ユーラシア旅行社で行くミャンマーツアー」 | トップページ | バガン遺跡村の人たちの微笑み~ユーラシア旅行社で行くミャンマーツアー »

共通テーマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 太陽の光の下の小僧達~「ユーラシア旅行社で行くミャンマーツアー」 | トップページ | バガン遺跡村の人たちの微笑み~ユーラシア旅行社で行くミャンマーツアー »