« バガン遺跡のアーナンダ寺院で17~18 世紀の壁画が新たに発見! | トップページ | 地元の結婚式~in ミャンマー »

2015年6月 2日 (火)

シャン・ルエエイ(シャン・バック)~ in ミャンマー

ミンガラバー!

Dscf00201

今回は、ミャンマーの日常生活でよく愛されている『シャン・ルエエイ(シャン=シャン民族、ルエ=肩掛け、エイ=バック)』をご紹介したいと思います。
多民族国家であるミャンマーでは、それぞれの民族が作る独自のデザインや特徴を表した『ルエエイ』があります。ヤカイン民族のルエエイは『ヤカイン・ルエエイ』です。ルエエイの中で最も知られているのは、『シャン・ルエエイ』です。そのため、その他の少数民族のルエエイも一般的に『シャン・ルエエイ』と呼ばれています。

Dscf00171

このシャン・ルエエイは、ミャンマーの学生さんたちにとっては欠かせないものです。

Dscf0113

口が大きめで、ものがたくさん入るので、使いやすいのと、肩ヒモの幅も広く、肩があまり痛くならないのが特徴です。テキストの数が多い中学生や高校生には最適です。私も高校卒業までシャン・ルエエイを使いました。又、大学に通っていた時には、もう少し小さくて可愛いデザインのヤカイン・ルエエイを使っていました。

Photo

コットンやポリエステルなどで作られているものが多いので洗濯するにも問題がありません。すればするほど使い心地がよくなるのです。
学生さんだけでなく、大人になった後も使い道が多く、2、3泊ほどのお出かけや、お仕事用などにも使えます。ミャンマー国内では、幅広く愛されているシャン・ルエエイです。
日本でも一つのファッションとして違和感なく使えると思うので、ご旅行の際には見つけてみてくださいね。

ユーラシア旅行社で行くミャンマーツアーの魅力!

ユーラシア旅行社で行くミャンマーツアー

|

« バガン遺跡のアーナンダ寺院で17~18 世紀の壁画が新たに発見! | トップページ | 地元の結婚式~in ミャンマー »

キンキンテーのつぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« バガン遺跡のアーナンダ寺院で17~18 世紀の壁画が新たに発見! | トップページ | 地元の結婚式~in ミャンマー »