« 大酒飲み:地獄にて(コンク/サント・フオア教会5) | トップページ | 南西フランスの旅から帰国しました!(10月飯岡) »

2009年10月30日 (金)

好奇心(コンク/サント・フォア6)

コンク、好奇心 ロマネスク美術の魅力の一つが、時折見え隠れする遊び心です。
遊びだと思うのは無宗教の現代日本人の感性で、本来は重大な意味があったのかもしれないのですが…

コンクにおける、その好例のひとつがこの「好奇心」と呼ばれるものです。
タンパンの端をめくって向こうから最後の審判や我々を覗き見る人たち。
小粒ながら見逃せません。

なんだかブラインドをめくっているような、あるいはジャッジャッジャーンなんて効果音が聞こえるような…ユーモラスな彫刻です。

なんだか気難そうなロマネスクの教会を巡る旅、こんな小さな発見を楽しみにしてみてはいかがでしょうか?
どうぞ、旅のお供に「好奇心」をつれていくのをお忘れなく!(山岸)

>フランス・ロマネスクのツアーはこちら

|

« 大酒飲み:地獄にて(コンク/サント・フオア教会5) | トップページ | 南西フランスの旅から帰国しました!(10月飯岡) »

国:フランス」カテゴリの記事

ロマネスク芸術」カテゴリの記事

著:山岸」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 大酒飲み:地獄にて(コンク/サント・フオア教会5) | トップページ | 南西フランスの旅から帰国しました!(10月飯岡) »