« 思い出の味:タコのガリシア風 | トップページ | 旅の集い:ロマネスク 33の傑作を巡る »

2009年11月24日 (火)

思い出の味:トリファード

世界で最も洗練され、お洒落で優雅なイメージがあるフランス料理。
しかしながら、私がフランスで一番感動した一品は、豪快で素朴な田舎料理でありました。

その料理に出会ったのはフランスのちょうど真ん中あたりに位置するオーベルニュ地方。フランスの田舎料理トリファード
緑が濃くて、空気も水々しい酪農地帯ならではの特産品を使った料理です。
ラードでベーコンとスライスしたジャガイモを炒め、チーズをたっぷりかけてオーブンで焼くだけ。
意外とあっさりしていて、何と言ってもカリカリのベーコン&ポテトが最高。
特産のトムフレッシュというチーズは温まると非常によく伸びます。
濃厚なチーズとベーコン、ちょっと固めのシャキシャキしたジャガイモはまさにゴールデントリオ。

全体的に大人しく、どこかすました感じで上品なフランス料理に飽き始めていた私に、見た目・味全てにおいてガツンと強烈な一発を食らわせてくれました。
(上田)

>フランスのツアーはこちら

|

« 思い出の味:タコのガリシア風 | トップページ | 旅の集い:ロマネスク 33の傑作を巡る »

国:フランス」カテゴリの記事

名物料理」カテゴリの記事

著:上田」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 思い出の味:タコのガリシア風 | トップページ | 旅の集い:ロマネスク 33の傑作を巡る »