« ここだからいえるホントにあったフォントの話(その1) | トップページ | アダムとイブ:フロミスタ、サン・マルティン教会(スペイン) »

2009年12月 9日 (水)

私の好きな町:美食の中心地、古都サルラ

フランスの南西部、大西洋に面したワインの名産地ボルドーから約150キロほど内陸に入ると、豊かな緑に溢れた丘陵地帯があります。

かつては貧しい土地でしたが、近代に入ってからトリュフやフォアグラの名産地となり、美食の里として知られるようになりました。フランス、サルラ
この辺りには中世からの鄙びた田舎町が無数に点在しているのですが、私のイチオシの里はサルラです。

蔦が絡まり、黒ずんだ石組みと歪んだ瓦葺きの屋根は長い年月を感じさせ、入り組んだ路地を歩いているだけでもまるで中世の時代に遡ったかのような気分になります。

人々が行き交う明るい昼間も雰囲気満点ですが、時間があれば是非、霧の立ち込める早朝や街灯の薄明かりに照らされた夜に路地を歩いてみてください。
古ぼけた街だけに少々不気味な感じがしますが、安心して歩ける街です。
昼間より一層、中世の雰囲気が滲み出ていること間違いなし。

中世そのままの鄙びた佇まいを残すことから、度々ジャンヌダルクなど映画の撮影にも使われているそうです。

(上田)
>フランスへの旅はこちら

|

« ここだからいえるホントにあったフォントの話(その1) | トップページ | アダムとイブ:フロミスタ、サン・マルティン教会(スペイン) »

国:フランス」カテゴリの記事

美しい村々」カテゴリの記事

著:上田」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ここだからいえるホントにあったフォントの話(その1) | トップページ | アダムとイブ:フロミスタ、サン・マルティン教会(スペイン) »