« 石を泳ぐ人魚(スペイン) | トップページ | 聖フォアの宴~後編 »

2010年6月15日 (火)

聖フォアの宴~前編

コンクの聖女フォア

ユーラシア旅行社ロマネスク部で、密かに繰り広げられている宴、それは『聖フォアの会』。

聖フォア(サント・フォア)といえば最後の審判のタンパン彫刻で名高い、コンクの「サント・フォア教会」。山間に佇むこの美しい教会にフォアの遺骨(聖遺物)が持ち込まれたのが9世紀。そしてサンティアゴ巡礼路の一つ「ル・ピュイの道」上にある巡礼教会でもあることから、今でも年間約30万人の人々が訪れる。

この教会のタンパンはとにかく見どころ満載!!・・・が、実はコンクのタンパンについては既にこのブログの「サント・フォア 全6回シリーズ」でY岸さんが特集しているので、詳しくはそちらを。。

今日&明日でこっそりお伝えするのは、タンパンとか柱頭彫刻とか建築とかでは無く、ユーラシア旅行社ロマネスク部で魔女の会合のごとく開催されている『聖フォアの宴』の方です・・・。

続きは明日です。
(宮澤)

|

« 石を泳ぐ人魚(スペイン) | トップページ | 聖フォアの宴~後編 »

社員徒然」カテゴリの記事

著:宮澤」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 石を泳ぐ人魚(スペイン) | トップページ | 聖フォアの宴~後編 »