« フランス・ロマネスクの旅から帰国しました!(7月上田・後編) | トップページ | 旅のお供に:帚木蓬生『白い夏の墓標』 »

2010年7月26日 (月)

私の好きな町:オートラント(イタリア)

オートラント大聖堂"

イタリア半島のかかとの部分、アドリア海とイオニア海に挟まれた半島東端の小さな町、オートラント。
ギリシャ人によって東方の文化がもたらされ、その後はイタリアのオリエントへの玄関口として、ビザンツやロンゴバルト諸侯が覇を競う要衝となりました。

11世紀半ば、ノルマン系の王がオートラントを支配すると、ロマネスク様式の大聖堂の建設が始まりました。
イタリア+ノルマン+ロマネスク教会といえば、シチリアのモンレアーレの大聖堂がピンと来ますが、ここも同じく。
天井ではなく床を、金色ではなく天然色であることの違いや、絵の表情の違いはありますけれども、教会内部の見所がモザイクという点が似ているなーと思うポイント。

オートラント大聖堂南部

さてそのモザイクですが、主題は二頭の象の背中から伸びる生命の樹。
アダムとイブの誕生から人間の失落、ノアの招命に始まり、様々な生き物、そしてキリスト教以前のヘレニズムの神々や、アレキサンダー大王などがおおらかに混ざり合っています。

宙に浮くことができない私たちには、納得いく写真をとるのはなかなか難しいのですが、これはまさにモザイクの傑作!
じっくり楽しみたい一枚です。

個人的にはこの腕の長ーいイブが好き。ヨガみたいなポーズも気に入りです。
(山岸)

>イタリアロマネスクの旅はこちら

|

« フランス・ロマネスクの旅から帰国しました!(7月上田・後編) | トップページ | 旅のお供に:帚木蓬生『白い夏の墓標』 »

ロマネスク芸術」カテゴリの記事

美しい村々」カテゴリの記事

国:イタリア」カテゴリの記事

著:山岸」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« フランス・ロマネスクの旅から帰国しました!(7月上田・後編) | トップページ | 旅のお供に:帚木蓬生『白い夏の墓標』 »