« 私の好きな町:オートラント(イタリア) | トップページ | サンティアゴ巡礼の旅から帰国しました!(7月山岸・前編) »

2010年7月28日 (水)

旅のお供に:帚木蓬生『白い夏の墓標』

先日、北スペイン・ロマネスクの旅にいらっしゃるお客様から、旅の参考図書についてご質問をいただきました。

弊社サイト内にもひっそりと(?)添乗員お勧め図書の一覧があるのですが(こちら)、
今回は旅に100%は絡まないけれども、行き帰りの飛行機の中で読んだり、ふと旅を思い出しながら読んだらいいかなという本をご紹介いたします。
(時々皆でこういうかたちでいろいろ紹介していきたいと思います)

今回の本はこちら、帚木蓬生『白い夏の墓標』。
文庫本も出ています。

南仏トゥールーズやピレネー、アンドラ方面にいらっしゃる時、そんな旅を思い浮かべながら読むと、いろいろ情景が思い浮かんでどきどきします。
(山岸)

>南仏の旅はこちら

|

« 私の好きな町:オートラント(イタリア) | トップページ | サンティアゴ巡礼の旅から帰国しました!(7月山岸・前編) »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

国:フランス」カテゴリの記事

著:山岸」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 私の好きな町:オートラント(イタリア) | トップページ | サンティアゴ巡礼の旅から帰国しました!(7月山岸・前編) »