« 思い出の味:マンテカダ(スペイン) | トップページ | サラマンカの高貴な落書き?(スペイン) »

2010年9月21日 (火)

サラマンカのホタテ屋敷(スペイン)

サラマンカの貝の家

ホタテといえばサンティアゴ、サンティアゴといえばホタテ。
壁一面にホタテがくっついているこの屋敷は、銀の道沿いにサンティアゴを目指した巡礼を迎えた、サラマンカの街にあります。

この建物もともとは、やはりサンティアゴ巡礼路と巡礼者を守護したサンティアゴ騎士団の所有した建物だそう。
街の人には「貝の家」という名前で親しまれています。

現在は図書館として使用されています。サラマンカ大聖堂近くの観光局の隣にありますので、サラマンカにお出かけの際はよってみてください。
本当に、外壁に帆立貝がびっしりです。

ちなみにホタテがびっしりといえば、レオンのパラドール、サンマルコスの付属教会も内外にホタテがたくさんくっついています。
一緒に行く機会があったらホタテ比べをしてみてはいかがでしょうか??
(山岸)

>北スペインの旅はこちら

|

« 思い出の味:マンテカダ(スペイン) | トップページ | サラマンカの高貴な落書き?(スペイン) »

国:スペイン」カテゴリの記事

美しい村々」カテゴリの記事

著:山岸」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 思い出の味:マンテカダ(スペイン) | トップページ | サラマンカの高貴な落書き?(スペイン) »