« タパスの集いを開催しました | トップページ | サラマンカのホタテ屋敷(スペイン) »

2010年9月17日 (金)

思い出の味:マンテカダ(スペイン)

マンテカダ

牛脂を使ったケーキ、というとちょっとぎょっとするかも??
私も最初に聞いた時は、なんだか獣臭そう…だなんてマンテガタに失礼なことを考えたりしました。

北スペイン、銀の道とサンティアゴ巡礼路が交わるアストルガはローマ時代から栄える街ですが、この町の名物お菓子がマンテカダです。
牛脂(マンテカ)を使用したお菓子で、食べた感じはカステラ。もほもほした食感が楽しめます。
ざら目の砂糖が浮いたようなものは一層カステラを彷彿とさせます。

牛脂臭いのかな~と思ったこともありましたが、食べてみると濃厚なミルクのようなコク。
アストルガでお土産を探されるのであれば、名物はマンテカダと覚えておいてくださいね。
(山岸)

>北スペインの旅はこちら

|

« タパスの集いを開催しました | トップページ | サラマンカのホタテ屋敷(スペイン) »

国:スペイン」カテゴリの記事

名物料理」カテゴリの記事

著:山岸」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« タパスの集いを開催しました | トップページ | サラマンカのホタテ屋敷(スペイン) »