« イタリアロマネスクの旅より帰国しました(11月山岸・前編) | トップページ | ディジョンとふくろう(その1) »

2010年11月12日 (金)

イタリアロマネスクの旅より帰国しました(11月山岸・後編)

サン・ニコラ島のサンタ・マリアマーレ教会

南イタリア、プーリア・ロマネスクといえば床モザイクなんかも有名ですが?
山岸:今回のツアーでは、ターラントやオートラント、トラーニの大聖堂などプーリアのロマネスク教会はもちろん、カラブリア州のサン・デメトッリオ・コローネ村の「アドリアーノ教会」などあちこちで床モザイックを見ることが出来ました。
写真は、トレミティ諸島のサン・ニコラ島ニアル、サンタマリアマーレ教会の床モザイクです。

モザイクには、変でかわいいな生き物たちや聖書の場面も多いですが、アレキサンダー王やアーサー王など、当時の人が夢中だった(に違いない)物語の一場面が描かれているのも南イタリアの特徴だそうです。

印象に残ったイタリアの味を教えてください。
山岸:南イタリアといえば、パスタ・オリーブ・トマトですが、魚介が豊富なプーリアではとにかくシーフードが美味しかったです。
特に、ターラントやオートラントの人々が愛してやまないムール貝。
ワイン蒸しもマリネもグラタン風もいいですが、ジャガイモとムール貝と一緒にさっと塩味であわせたパスタは絶品でした。

来春以降この方面をお考えの方へメッセージをお願い致します。
山岸:南イタリアはイタリアの異郷!
北イタリアとは又違った魅力がいっぱいあります。
多少、観光地化されて間もないため不便な面もありますが、素朴なイタリアの素顔に出会えるところです。
また、ロマネスク芸術はもちろん、古代ローマ・アッピア街道を訪ねたり、手作りパスタを堪能したり…いろいろなテーマで巡ることができる、これから注目のスポットです。
ティレニア海とアドリア海のお陰で、1年中旅行シーズンなのも魅力です。

山岸さん、有難うございます。12日間の添乗お疲れ様でした!

オスティア

旅のお土産:「オスティア」
今回訪れたモンテ・サンタンジェロ銘菓。
オスティアとは、本来はミサのときの聖体拝領で使用する聖餅ですが、お土産用に売られているのは、これで飴がけしたアーモンドをはさんだものです。

けっこう美味しいのですが、オスティアがかなり衝撃に弱いので持ち帰るのは至難の業かも…です。
(割れたり解けてくっついたりして…写真のような無残な姿になってしまうのです。)

>イタリアの旅はこちら

|

« イタリアロマネスクの旅より帰国しました(11月山岸・前編) | トップページ | ディジョンとふくろう(その1) »

ロマネスク芸術」カテゴリの記事

国:イタリア」カテゴリの記事

添乗員インタビュー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« イタリアロマネスクの旅より帰国しました(11月山岸・前編) | トップページ | ディジョンとふくろう(その1) »